一般トピックス

2004年3月23日 火曜日

イタリア遠征Ⅴ

3月23日
09:30より軽めに練習
15:30ビテルベーゼのユース(87年生まれ)と対戦
桐光 2-1 ビテルベーゼ
得点 鴨志田・山本

ビテルベーゼ戦



3月24日
09:30より練習。
8時ごろから雲行きがあやしくなり、一時雹が降るなど、悪天候のため、10時過ぎまで、グランド脇の更衣室で昨日の試合について、ルチアーにコーチより講評。
10時過ぎから急激に天候が回復し、グランドで練習となりました。
15:30 テルナーナ(セリエB)のユース(87年生まれ)と対戦
桐光 4-3 テルナーナ
得点 工藤・鴨志田・宮下弘・山本
ユースの育成に定評があり、全国から選手も集まっているだけに、一人一人のフィジカルも強く、接戦となりましたが、最終戦を勝ちで締めくくりました。
この試合は前半に一本目を、後半に1年生が中心に出ました。
けが人はありません。
練習後苅田君はマッシモ先生のところへ。
バランスボードとパソコンがつながった測定器で両足のバランスの測定。
レーザーとマイクロウェーブの治療。診断の結果、明日から少しずつボールに触ってもいいとのことでした。

テルナーナ戦



3月25日
今日は最後の練習になりますが、天気も晴れです。では、これから練習に行ってきます。

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | 記事URL

2004年3月21日 日曜日

イタリア遠征Ⅳ

3月21日
09:30より練習。少し長めに行いました。
13:30昼食
14:45バスにてホテル出発。一路ローマへ。
18:30ローマ市内へ。
混雑する道をスタジオ・オリンピコへ。
ローマダービーとあってたいへんな人出です。
ちなみに今日はラッツィオのホームゲーム。
12番ゲートより入場。今日の座席はメインスタンド側、記者席の後方で、たいへん見やすい席でした。
土産物屋を探しましたが、バックスタンド側で、こちらからは柵があって行き来できないため断念しました。
ホテルで用意したサンドイッチを食べ、開始を待ちます。
一時間以上前ですが、早くもクルヴァ(両ゴール裏のサポーター席)は熱狂的なラッツィアーレやロマニスタでう まっています。
時折大音響の爆竹というより爆弾の音が聞こえ、イタリアでサッカー を見ている実感がします。
選手紹介ともなると、地響きのような声援で、日本のJリーグとはまったく違った雰囲気に圧倒されるなか、いよいよ試合開始となりました。
白熱したゲーム展開にあっという間に前半45分が終了。
後半3分程して、ローマ側のクルヴァからピッチに発炎筒が投げ込まれ、試合が中断されました。
ローマ側のゴール裏では座席でものが燃やされ、煙が立ちこめ、騒然とした中、25分ほど中断し ました。
ピッチ上では、その間、チーム関係者、警察などが再開について、選手と話 をしていて、一旦再開かと思ったものの結局中止となってしまいました。
10時半、スタジアムを後にまとまってバスの止まっているはずの地点へ急ぎました。
幸いバスが道路脇に待っていてくれたものの、道路は人があふれ、彼方のティべリ川のあたりで は暴徒が発炎筒を道に投げたりしています。
運転手の機転で混雑を避け、やっと高速に乗り、12時10分、ホテルに無事到着しました。
翌日真相を聞くと、サポーターがピッチに入り、ローマのトゥッティに、警察がサポーターと衝突し、子供が警察の車に轢かれて死んだ、と言ったため、ローマの選手がそんな状況ではできないと言って、試合続行を拒み、結局セリエAのコミッショナー、ガリアーニの判断で主審に中止を伝えたというものですが、子供が云々と言うのは全くのデマでした。
こんなことはめったにないことで、無事に帰って来れたことですし、いい経験をしたと思っておこうと思います。

3月22日
09:30午前練習。
15:30午後練習。
17:00フランココーチの運転で苅田君はマッシモ先生の治療院に。
明日より、15分走ってもいいと許可が出ました。
夕食後、TSSのロナウド副会長の友人でビテルベーゼのマッチデイプログラムなどに 似顔絵を描いている画家がホテルに来てスタッフの似顔絵を描いてくれました。

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | 記事URL

2004年3月19日 金曜日

イタリア遠征Ⅲ

3月19日
09:30より練習。
15:00 バスでビテルボ市内の県庁舎へ。
県知事の表敬訪問。
知事、参事の出迎えで議場へ案内され、そこで知事より歓迎の挨拶がありました。 その後、こちらからも挨拶をした後、記念撮影を行いました。
全員にお土産をいただき、用意してくれたガイドの案内でビテルボ市内の観光。
その後自由に街を散策して、各自土産などを買いました。
この自由時間を利用し、苅田はルチアーノコーチの車で、マッシモ先生の診療所へ行き、治療を受けました。
診療所では、最新のコンペックスの治療器での治療を受けたあと、ルチアーノコーチとともに、19:00ホ テルへ。
まもなく、買い物をした生徒もバスで戻り、全員そろって夕食。
今日は夕食後、先日見たビテルベーゼの監督、フィジカルコーチが来て、話をしてくれることに なっています。
監督、フィジカルコーチと佐熊監督、ルチアーノコーチ、通訳の宮崎さんとで会食。
その後、21:15より、会議室で、監督より貴重な話を伺い、質疑応答の時間もとってもらい、何人かの生徒からの質問にも丁寧に答えていただきました。
ご多忙の中、高校生のために来ていただいたビテルベーゼの皆様に感謝いたします。

ビテルボ県知事表敬訪問



ビテルボ市内見学


3月20日
09:30 練習。
昼食後、15:30より練習。
ルチアーノコーチも指導に熱が入り、6時を過ぎ、あたりが暗くなるまで、セットプ レーについて熱心に指導して頂きました。


投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | 記事URL

2004年3月15日 月曜日

イタリア遠征Ⅱ

3月15日
09:30 練習開始
13:00 昼食
15:30 練習開始
19:00 ルチアーノ先生の用意してくれた車に選手全員で分乗してビテルボ市
内のスタジアムへ。セリエC1のビテルベーゼ対アチリアーレ(シチリア)観戦。
 市内の人々が老若男女総出と思えるほどで、スタジアムは満員。
開始前には発炎筒が焚かれ、こういったところはセリエAとかわりません。
たいへんな盛り上がりでした。地元の人たちの応援を受け、ホームゲームを精一杯
戦う選手たちや、その選手を声の限り応援するビテルボの人々を見るとサッカーが
生活の一部となっていることが実感されます。
スコアは1-1のドロー。ビテルベーゼは勝ち点で首位のため、ここでさらに勝ち
点を稼ぎたかったところでしたが、終了間際のPKを決められなかったのが悔やまれ
ます。

3月16日
この日も午前、午後練習。
ルチアーノコーチ、フランココーチの他、ゴレッティGKコーチも来てくれました。

3月17日
8:00にホテルを出発し、フィレンツェへ。
11:00到着し、市内が一望の下に望めるミケランジェロ広場で、街並みを背景
に記念撮影。  市内観光はまたの機会として、市外のコベルチアーノにあるイタ
リア代表のトレーニングセンターへ。
ここは各年代のイタリア代表が合宿などに使う、イタリア協会の施設です。 特別
に内部に入れてもらい、代表の使うピッチなどを見せてもらいました。
ピッチの一つでは、U20のイタリア代表がフィオレンチーナのユースと練習試合を
していました。
ゲームをしているピッチを抜け、施設内のサッカー博物館を見学。
約二十年間にわたり、アズーリに帯同し、ドクターを務めたフィーノ館長の案内で
館内を見学。中にある、ゲームシャツ、ペナント類はすべて実物とのことでした。
見学後、施設内の食堂で昼食。  ここは代表が合宿中、食事をとる所だそうで、
壁にはワールドカップ優勝の写真が誇らしげに飾ってあります。
バスに戻り約一時間で、試合会場へ到着。  エンポリはピッチ七面、そのうち人
工芝二面というトレーニングセンターの建設中で、この日は臨時の試合会場のため
、土でした。  日差しが強く、20度は軽く超えています。3時半キックオフ。
45分ハーフで行いました。
エンポリのユースチームはビアレッジョの国際ユース大会で先日優勝したという
ことでしたが、健闘し、0-0のドロー。よく戦ったと思います。
帰途は道が混んだりで、ホテルに着いた時は9時をまわっていました。
食堂に直行し夕食となりましたが、さすがに疲れて、食事もそこそこに寝ました。

ミケランジェロ広場にて


サッカー博物館にて


3月18日
09:30練習開始。
まず、グランドで、掲示板を使い、先日の試合を振り返って、ルチアーノ先生から
講評。その後、リフレッシュで軽めに体を動かし、午前は終了。
 ローマでサッカージャーナリストとして活躍の桐光OB、北川氏来訪。
昼食をご一緒してもらい、午後3時半からいよいよASローマ戦。
今までは毎回トリゴリアのローマグランドへ行っていましたが、今回は、先方の都
合で、バスでバレッティパークホテルに来てもらいました。
キックオフの時間が近づくにつれ、ローマの父母と思しき人々が三々五々増えて来
ました。審判三人も到着し、いよいよキックオフ。40分ハーフです。
前半桐光2点、ローマ1点で折り返し、後半0-0で2-1で勝ちました。
得点は野崎・鴨志田です。
これでローマ戦は3戦全勝。
終了後、遠征前からのケガでこちらへ来てからも別メニューの三人をルチアーノ、
フランコ両先生の車に乗せ、フィジオセラピストのマッシモ先生のもとへ連れて行
き、見てもらいました。
その結果、一人は明日より遠征中治療をすることとなりました。
マッシモ先生のところは以前並木トレーナーと行ったことがありますが、機器が充
実していて、スポーツ選手の治療については、イタリアでも指折りの方だそう
です。
19:00より夕食。今日のローマ戦は、激しいゲームでしたが、大きな怪我人が
出ずにほっとしました。

グランドで

ローマ戦


ローマ戦メンバー


投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | 記事URL

2004年3月13日 土曜日

イタリア遠征Ⅰ

13日は9時30分に全員集合。
定刻に成田を離陸、一時間早く、ローマのフミチーノ空港に着きました。
空港で、毎回お世話になっている、アリタリアの松岡さんの出迎えを受け、ルチアーノ先生と対 面、宿舎に向かいました。
バスに乗って約1時間半でバレッティパークホテルに到着。部屋に入って荷物を置い て、7時半から夕食をとりました。

 14日は7時起床。7時半朝食。9時半より12時まで練習。
1時に昼食ですが、これもパスタ2種類のあとに、メインで七面鳥の料理、デザートとボリュームのあるものです。
午後は3時半より6時まで練習。7時半に夕食をとりました。
例年より少し寒いものの天気もよく、練習も集中してできました。
なお、ローマとの試合は先方がこちらへ来ることとなりました。

ホテルからの風景


2年生のローマ空港での写真




投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | 記事URL

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ

友だち追加