トピックス

2017年10月15日 日曜日

プリンスリーグ関東2017 第13節 vs.横浜FCユース

横浜FCは勝ち点差2の直近上位。後半戦敗けのない桐光学園としてはなんとか勝ち点3を積み上げて順位をあげたいところ。

ただ強い台風18 号が九州に上陸した影響や秋雨前線の影響もあり一日雨の天気でグランドの一部に水がたまっている状態。
風もありゴールキックが思うように伸びそうにない。
桐光学園は前半風下となり、少々厳しい戦いを強いられそうである。
そしてキックオフ!!
◎11時~(前半)何としてもこの試合勝ちをおさめたい桐光学園は、開始から前線へ積極的にボールを入れて攻めていく。
グラウンドコンディションが悪くパスが通りづらいことから、ハイボールを効果的に使う。
9 分 田中(彰)のパスを鷲塚がヘッドで合わせ田中(雄)がゴールを狙う。
20分 國谷のFKの流れから渡辺(大)のパスを鷲塚がヘディングが合わせたが惜しくも枠上。
22分 再び 國谷のFKから 鷲塚のヘディングで繋ぎ 田中(雄)がシュートを打つがここは相手GKセーブ
30分 横浜FCのFKは枠にとぶがGK丸山が対応。
31分 國谷がFKで相手ゴールを狙い 望月がうまくヘディングで合わせるがここも相手GKセーブ。
風も少々強くなり追い風サイドの横浜FCボールは思うよりのびてくる。
桐光がボールをキープしてドリブルで攻めるが、ラストパスが水で止まるなど、シュートまでが難しい。互いの攻防がこの状況で続く。
39 分 横浜FCのCK、良い角度でボールがゴール中央に入る。両陣営が入り乱れる中で桐光のクリアボールが横浜FC11番にあたりゴール。失点となる。(0-1)
41分 矢口のロングスローを起点に相手ゴールを幾度か狙うがいずれもGKに阻まれる
46分 矢口からのスローインを 田中(雄)が合わせシュートを放つが惜しくもゴール右
48分前半終了。
前半、桐光学園は先制はされたものの雨と逆風のためFKやCKでハイボールを多用しゴールチャンスを増やすことで、よい流れをつくれていた。

◎後半
弱風・雨とも止まず。追い風の桐光学園はGKからの高いパスが少々長くなるが、やはり攻めの起点が相手ゾーンとなることが多くなる。

HT 鷲塚out⇒阿部in

51分 田中(雄)のシュートは惜しくも相手 GK がキャッチ
55分 横浜FC 、左からのクロスがフリーのFWに入るがヘディングミスで難を逃れる。
59分 阿部のドリブルから相手ゴールに攻め込みCKを獲得。CKを望月がヘッドで合わせるが枠上。
グラウンドには水がたまる箇所が増え、なかなかボールへの対応が難しいところでもあるが、桐光学園はしぶとく攻め続ける。

68分 横浜FCの FK後、阿部がボールをキープ、ドリブルからのクロスが倉持へ。しかしここは相手GK が対応。
72分 倉持、高いロングボールパスを上手く捕えそのまま、相手ゴール左すみにシュート!同点ゴールを決める。(1-1)
後半追い風のアドバンテージを生かし逆転を狙いたい。
81分 倉持から 田中(雄)への相手ゴール前パスは惜しくも届かず。
85分 田中(雄)、ドリブルで相手ゴールに攻め込み、シュート。惜しくも右に外れる。
87分 右サイド、スローインからのボールを今井がドリブル。ディフェンスをかわし角度のないところからシュート。見事、ゴールネットをゆらす。勝ち越しの 2点目(2-1)
その後の時間も桐光学園は果敢に攻める。応援にも力が入る。
アデショナルタイム3分後そのままタイプアップ。
見事逆転勝利にて試合終了!!
グランドコンデションも悪い中で、先行され選手の気持ちも落ちそうなところだが、試合は終始、桐光学園が押していた。
これで桐光学園は後半戦3 勝1 分けの負けなし。
勝ち越し3 を積上げ8 位に浮上。
是非、このままの勢いで後半戦を突っ走ってほしい。
「ガンバレ桐光!!」

Report by H.M

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
友だち追加