トピックス

2017年10月15日 日曜日

プリンスリーグ関東2017 第12節 vs.山梨学院

プリンスリーグ後半戦は負けの無い桐光学園!


今回のアウェー山梨学院戦も、この勢いを続けて勝ち点3が欲しいところ。

山梨学院ボールでキックオフ
開始直後は互いにロングボールの蹴り合い。山梨学院9番の存在が脅威となりそう。
桐光も負けじと田中(雄)・阿部・倉持の連携で相手ゴールへ迫る。

4分 相手DFのファールでペナルティエリアやや外側でFKのチャンス。渡辺(大)が直接狙うも相手GKがキャッチ。
5分 山梨学院8番と9番の連携でゴール前まで押し込まれるも今井がクリア。
10分 山梨学院19番のロングスローから9番に合わされるもコーナーへ逃げる。
11分 相手CKをはね返し、そのまま倉持が逆速攻で持ち込むも相手DFに阻まれる。その流れから桐光の守備陣形が整う前に山梨学院9番にゴールラインまで運ばれ、左からグラウンダーを折り返されるが合わず。GK丸山が相手9番との接触プレーで倒れるが、痛みをこらえて立ち上がる。
15分 倉持の持ち込みを相手DFがファールで止め、ペナルティエリアやや外側からFKのチャンスを得る。キッカー田中(雄)が直接ゴールを狙うもバーの上に外れる。
18分 桐光CKから國谷がダイレクトシュートを放つも相手DFがはね返す。
23分 ロングボールが山梨学院9番に持ち込まれてマイナスクロスを入れられるもGK丸山がナイスキャッチ。

給水タイム。ここまで山梨学院に押し込まれる展開。

28分 矢口がゴール前までロングスローを試みるが、相手DFのクリア。
29分 矢口の左からゴール前へのグラウンダーを倉持がコースを変えてゴール!!押し込まれていた桐光学園が先制する(1-0)
30分 横パスをさらわれ、山梨学院9番と10番の連携でから、連続シュートを浴びるも望月、加藤が体を張って連続ブロック。
33分 相手CKから10番にヘディングシュートされるもGK丸山の正面。判断良く蹴ったパントキックが倉持に通りカウンター。相手DFが戻る間に倉持がドリブルで持ち込みペナルティエリアに侵入したところ、相手GKに倒されてPK獲得。
これを倉持自らがゴール左隅に冷静に決めて追加点(2-0)。

押し気味に試合を進めつつも失点を重ねた山梨学院、更に厚みのある攻撃をしかけるも桐光DF陣が体を張ってクリア。ゴールを割らせない。

37分 山梨学院の右からの折り返しを6番にフリーでヘディングシュートを放たれるもGK丸山の正面。
39分 倉持のパスから右に走り込んだ今井がシュートを放つもバーの上。
41分 山梨学院19番がゴール正面の至近距離からシュートを放つもGK丸山のナイスセーブ。
43分 山梨学院10番が右サイド付近から枠内に向かうロングシュートを放たれるもGK丸山が冷静に対応。
45分 桐光CKから望月がヘディングシュートを放つも惜しくもバーを直撃。
45+2分 倉持が右から持ち込みシュートも相手GKがキャッチ。ここで前半終了のホイッスル。前半2-0で折り返す。

後半開始。選手交代なし。

後半も山梨学院のゴール前へのハイボールやロングスローで押し込まれる時間が続くが、GK丸山とDF陣の踏ん張りで決定機を作らせない。

51分 山梨学院9番のミドルシュートはゴール右へ外れる。
52分 山梨学院に立て続けにシュートを打たれるもGK丸山のファインセーブ、DF陣の踏ん張りでゴールを割らせない。
55分 ペナルティエリア内で阿部がシュートを試みるも、相手DFの素早い寄せにミートできず。
56分 山梨学院7番の枠内への向かうシュートはGK丸山が横っ飛びファインセーブ。
66分 桐光は立て続けにCKの機会を得るが、望月のヘディングシュートはバーの上へ外れる。

給水タイム

69分 桐光 阿部out→岡in
70分 山梨学院に右からゴール前にグラウンダーのクロスを入れられフリーの9番に合わせられるが、シュートはバーの上に外れて相手のミスに救われる。
73分 山梨学院 右からのグラウンダークロスもDFが間一髪クリア。右からの仕掛けによる脅威が続く。
74分 山梨学院のFK9番が直接狙うも大きく外れる。
76分 山梨学院40番out(接触プレーによる負傷退場)
77分 倉持を起点に渡辺(大)が左からクロスを入れて田中(雄)がヘディングシュートを放つが惜しくもバーの上(山梨学院 負傷退場の40番に代わり、3番in)

残り時間が少なくなった山梨学院はハイボールをゴール前に集めるも、その都度DF陣がすべてはね返して決定機を作らせない。

82分 センターライン付近からの國谷のFKを岡が折り返し、ゴール正面から田中(雄)がシュートを放つも、相手GKのファインセーブでコーナーに逃れられる。
84分 田中(彰)がイエローカード
87分 山梨学院はセンターライン付近からのFKを大きくゴール前へ展開。折り返しを混戦から♯29にグラウンダーでシュート放たれ、ブラインドとなったボールはゴール右隅へ。1点を返される(2-1)。
88分 望月が相手との接触プレーでイエローカード
89分 山梨学院の右CKをいったんクリアするも折り返されてシュートを打たれるもサイドネット。
90分 山梨学院9番審判に異議をとなえイエローカード
90+2分 田中(雄)からパスを受けた倉持がシュートを放つも、相手GKのファインセーブでコーナーに逃れる。
90+3分 相手ファールを受けて倒れこんでいる今井に対して山梨学院6番が足をぶつけてレッドカードで一発退場。
その後山梨学院の反撃をなんとか凌いで試合終了。

全体を通じて山梨学院に押し込まれた展開であったが、FW陣が数少ないチャンスをものにし、GK丸山のファインセーブ、DF陣の体を張った守備、MF陣の豊富な運動量で手にした貴重な勝ち点3であった。

次節9月17日(日)はホーム横浜FC戦。後期の勢いを持続して、勝ち点を積み重ねることを期待したい。

Report by Y.M

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
友だち追加