トピックス

2017年10月15日 日曜日

プリンスリーグ関東2017 第11節 vs.前橋育英

前節で今期初の勝ち点3を獲得し、後半戦の好スタートをきった桐光イレブン。今日は高体連のライバル前橋育英をホームに迎えての戦いである。

1分 桐光 渡辺(大)からのクロスを鷲塚がヘディングシュートもゴール上。
2分 今井からのロングスローを鷲塚が頭で合わせるが、ともにゴールならず

積極的に相手ゴールに迫る姿勢は前節のイメージそのままで期待が持てるスタートとなった。

7分 前育FKを鷲塚が頭でクリア。さらにそのボールを倉持がドリブルで駆け上がり田中(雄)にパス、そのままの勢いでシュートするが惜しくもゴールならず。攻撃のスイッチが入った時のFW陣のスピードは、今日も健在。

10分 前育 桐光ゴール左サイドからのFKは鷲塚がクリア
15分 桐光 矢口からボールを受けた鷲塚がシュート。
17分 桐光 鷲塚からのパスを田中(彰)がシュート。
18分、21分には逆に相手がシュート。一進一退の時間となった。

28分 膠着状態の中、一瞬の隙を狙って田中(彰)が相手のクリアボールをインターセプトして駆け上がり、そのまま持ち込んでシュート。貴重な先制点をあげる。(1-0)

40分 ゴール正面からのFKをGK丸山が弾いて防ぎ、続けざまのCKもかろうじてクリア。ピンチを全員の集中力で凌ぎ前半終了。(1-0)

後半に入っても前半同様に桐光の攻撃の意識は強い。
48分 田中(雄)のFKはキーパーキャッチ
50分 鷲塚のヘディングシュートもゴールとはならない。
51分 再び田中(雄)のFKも残念ながらここはゴールを割ることができなかった。
64分 しかしここで桐光のCKからのカウンターでゴールを奪われ同点にされてしまう(1-1)。

67分  鷲塚out阿部in
70分  流れを変えたいところであったが、ゴール前でハンドをとられPK。逆転を許してしまう(1-2)。
73分 田中(彰)out西川in
桐光は選手交代でリズムに変化をつけたところ、相手のディフェンス陣に戸惑いが見られるようになる。
74分 矢口が中央からグラウンダーのシュート。
77分 FKからのシュートをキーパーパンチングで防ぐ。を獲得して攻撃、
78分 焦った相手ディフェンスは國谷を倒してイエローカード。

この時間帯は桐光ペースで試合が進んでいる。

81分、83分の相手CKや85分のサイド攻撃も全員で凌ぎ、まだまだ諦めていないと言う気持ちが、ピッチの外まで伝わってくる。

87分 前育ゴール前の密集で前育の選手が倉持にファウル。桐光はPKを獲得。これを倉持が冷静に右隅地面すれすれに決め同点。(2-2)

ロスタイムの表示は4分。どちらのチームにも得点するには十分な時間。ここからは気持ちの勝負。意地のぶつかり合いの中、相手にCKを与えてしまい全員での守備。相手のキャプテン14番が蹴ったボールはファーサイドに流れてゴールならず。そのまま試合終了。

上位チームに勝ち点を獲得できたことは必ず次節にも繋がると信じたいし、そう期待させてくれるゲームだった。

Report by Y.S

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
友だち追加