試合結果

2017年5月 8日 月曜日

プリンスリーグ関東2017 第5節 vs.三菱養和ユース

三菱養和ユースをホームかもめパークに迎えて、桐光としては勝ち点3が欲しい一戦。


今日のかもめは風が強く試合にどのように影響するか。



11時 三菱養和キックオフで試合開始。
開始早々 桐光 田中雄がシュートを放つ。ファーストシュートは桐光学園!
2分 一方、三菱養和も右サイド20番からの折り返しやCKから得点をねらうなど、立ち上がりは両チーム譲らず、といった内容で非常に集中している。
3分 桐光 田中彰が警告を受けFKをあたえる。
その後、8分に養和FK、12分に養和23番にシュートを打たれるが桐光 丸山が好セーブ。
13分 桐光 西川からパスを受けた倉持がシュートを打つが惜しくも枠外。


試合が進むにつれて養和がボールを持つ時間帯が多くなるが、桐光も集中は切らしていない。
22分 桐光 田中雄から絶妙なタイミングで阿部へパスを出すが、惜しくもゴールラインを割ってしまう。
23分、24分とFK、CKと桐光がチャンスを迎えるが相手ゴールを奪うことはできない。
25分 桐光が相手陣内に押し込む中、養和のカウンター、養和9番がシュートを打つも、丸山も相手にゴールを割らせない。
28分 桐光は田中雄からのパスを倉持が受け、ペナルティーエリアまで持ち込むが、惜しくもシュートまでは行けず。
その後、両チームともにいくつかのチャンスはあるがゴールを割ることができず、拮抗した試合展開。


42分 桐光 西川→倉持→阿部→渡辺と、右サイドから左サイドへとピッチをワイドに使った連動した迫力ある攻撃を展開するが相手の好守にはばまれる。
45+1分 桐光FKを蹴り、前半終了(0-0)

後半開始時 田中彰out→今井in

桐光キックオフで後半スタート。
46分 開始早々、試合が動く。養和20番に抜け出され、ゴールを奪われる。(0―1)
ここから桐光イレブンにエンジンが掛かる。
47分、48分FKのあとの50分CKのチャンスに望月がヘッド

で合わせてゴール(1-1)。

51分 さらに今井からのパスを良い形で倉持が受けて持ち込むも惜しくもシュートまでは行かず。
53分 矢口のセンタリングを西川がヘッドで合わせるが、キーパー正面でキャッチ。
55分 渡辺大のパスを受けて、倉持がシュートするもキーパーに弾かれCK。


CKを金子がヘッドで合わせ、ゴールしたかに見えたが、エリア内で相手へのファールがあり、得点ならず。
桐光の攻撃は止まらない。
62分 田中雄から今井がパスを受け、阿部へスルーパスを出すも、惜しくも届かず。


64分 養和14番にミドルシュートを枠内に打たれるが、丸山ファインセーブ。
65分 倉持→今井→阿部と連動し、阿部がクロスを入れて、今井がヘッドで合わせるが惜しくも枠外。
69分 西川out→西牧in
75分 今井が相手に倒され、ペナルティエリア付近でFKをもらう。國谷が蹴ったボールは惜しくも相手の壁に当たってしまう。
桐光の攻撃はつづく。
79分 倉持がドリブルで持ち込みシュートを打つもキーパー正面。


83分 西牧からのパスを倉持が受けるが、僅かにトラップが大きくなりキーパーに取られる。


本部からアディショナルタイム3分の表示が出される。試合も激しさを増していく。
90分 養和11番に持ち込まれシュートを打たれるも枠外。
90分+1阿部からのパスを田中雄が受けてシュートまで行くが惜しくも枠外。
ここで試合終了(1-1)。引き分けに終わった。

次節はアウェーで川崎フロンターレ戦だが、その前に、いよいよインターハイ予選がスタートする。選手達には、神奈川制覇をして是非とも全国の切符を手にしてもらいたい。

Report by D.M

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
友だち追加