試合結果

2016年8月23日 火曜日

プリンスリーグ関東2016 第10節 vs 三菱養和SCユース


2016プリンスリーグ関東は、今節が後半戦最初の試合であり、我ら桐光はここまで5勝3敗1分の勝ち点16で2位につけている。



不安定な天候の中、第1節Homeかもめパークで0-3で敗戦している三菱養和とのアウェイでの一戦となった。



8分 桐光は鳥海のコーナーキックをダビナスが高いヘディングでつなぎ


西川が先制ゴール。(1-0)


17分 三菱養和に一瞬のスキでセンターリングを頭で合わされシュートとなったが、茂木がキャッチ。

21分 田中(雄)のロングシュートも相手キーパーがキャッチ。

30分 桐光のクリアミスからボールを奪われシュートを放たれたがキーパー茂木が押さえる。

33分 三菱養和の選手にイエローカード。
鳥海が真ん中からフリーキックを蹴ったが、相手キーパーに弾かれた。
追加点が欲しいがなかなか入らない時間帯となった。

39分 淡路のカットからスルーパス。ボールは通ったが、オフサイド。


42分 倉持がボールを奪い、シュートを放つが相手キーパーにクリアされた。

前半は、両チームとも得点のチャンスがあったが、1対0で後半を迎える展開となった。

三菱は後半から選手を二人交代。
後半開始早々48分に倉持が左サイドを駆け上がり、


ダビナスにパス、ダビナスはボールを足元に納めて、流れるようなゴール。(2-0)




50分 には三菱の後ろからのファールにより桑原が負傷し、桑原から鈴木に交代。

58分 ダビナスが左を崩し、佐藤にパス。佐藤は相手を交わしてシュート。
ゴールが決まる。(3-0)


流れのよいゴールが続き、桐光ペースで試合は続いていたが、
61分にサイドを崩され、センターリングを足であわされて失点。(3-1)

69分 西川のドリブルから鳥海に繋いで、最後は佐藤がゴールを決めた。


連動と躍動感を感じるゴールであった。(4-1)

74分 鳥海が相手ディフェンダーの裏をとり、ロングパスを足元に納めた。


その流れのままゴールを決めて5点目。(5-1)

76分 三菱に右からグランダーのパスが通り、失点。(5-2)

78分 佐藤から望月に交代

79分 三菱の選手にドリブルから決められ失点。(5-3)

81分 西川のドリブルから鈴木に繋ぎゴール。(6-3)


84分 淡路から矢口に交代。

88分 三菱養和のコーナーキックが続きも茂木がファインセーブでチームを救う。

90分+2 倉持から中野に交代。

90分+4 西川から中川が入り、残り時間を守って試合終了6-3の勝利でした。



雨が降ったりやんだりの環境でしたが、選手たちは皆よく走りましたし、積極的なプレーが目立つとても良い試合でした。
このまま残り試合も勝ち続けてほしいですね。

Report by K.W

【次節第11節】
8月28日(日)
14:00~
県立保土ヶ谷公園サッカー場
vs 浦和レッドダイヤモンズユース

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
友だち追加