試合結果

2016年5月 3日 火曜日

プリンスリーグ関東2016第4節 vs 横浜FCユース


高円宮杯U-18サッカーリーグ2016プリンスリーグ関東も先週までに3節が終わり桐光含め2位以下5チームが勝ち点4で並ぶ混戦模様である。     
本日はHomeかもめパークに横浜FCユースを迎える神奈川ダービーであり混戦から抜け出る為にも絶対に負けられない大事な一戦である。     
     
先制点が欲しい前半は10番鳥海を中心にゴールに果敢に攻めるも枠に嫌われる等シュートが入らない。
逆に20分、横浜FCのスローインから6番へ、最後フリーの5番へ繋がれ左足からゴール左隅に先制点を許す。(0-1)     
     
その後、反撃に出て幾つかシュートまで打つもゴールネットを揺らすまでには至らず、キーパーに阻まれる。
前半最後には横浜FC8番からボールを受けた10番に右サイドから攻め上られ、角度のない所から豪快なシュートを決められる。(0-2)     
     
後半開始早々47分に桐光らしい早く細かいボール回しで田中→鳥海→鈴木と繋ぎ最後は佐藤が待望のゴールをこじ開ける。(1-2)     
その後も桐光の時間帯が続き、波状攻撃で何度もゴール前まで攻め上るも最後でゴールを決められない状況が続く。     
     
60分に佐藤に代え倉持を入れ攻めの姿勢を保つも71分にカウンターから相手10番→9番に繋がれ痛い失点となる。(1-3)     
73分には鈴木に代え佐々木を投入して反撃するも得点ならずゲームセット。     
     
Homeかもめパークでまた勝ち点取れず大変悔しい負けとなったが、昨年も4節までに2敗しており、ここからインターハイ神奈川予選に向けチーム力を高めていっただけにこのチームも同じ道筋になる事を強く期待したい。     


Report by H.T

スターティングイレブン

6田中拓実が攻撃の芽を摘み取る

1年丸山がゴールマウスを守る

4桑原は攻守に攻守に大車輪の大車輪の働き
 
トップ3がゴール前に詰めて待望のゴール!

8佐藤のゴールで反撃ののろしを上げたが・・・

4戦フル出場でディフェンスラインを統率する2淡路
 
追撃のチャンスを作るキャプテン5ジェフ
 
攻撃の起点10鳥海


投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
友だち追加