試合結果

2015年11月25日 水曜日

プリンスリーグ関東2015第16節 vs ヴェルディ



選手権予選があり2ヶ月ぶりのプリンスリーグ、再開の今節は前回の対戦で3-1で勝利した東京ヴェルディユース戦、プリンスリーグ残り3試合を全て勝利し弾みをつけたいところです。
14:00ホーム保土ヶ谷公園サッカー場にて桐光ボールでキックオフ。
試合開始後早いパス回しで、右サイドからイサカが攻め上がりゲーム最初のシュートを放つ。しかし、バーの上を大きく外してしまうが、これで桐光学園に勢いがつく。
5分、相手のボールをカットした佐藤(海)が攻撃の起点となって、鳥海を経由して西川にパスを出しシュート態勢に入るが、惜しくもオフサイド。
早いパス回しに得点の期待が高まる。ただ、ヴェルディユースも負けてなく、中央から攻撃し、相手FW9番にボールを小林がクリアしヴェルディユースのコーナーキックとなる。コーナーキックのボールはファーに流れて桐光学園のゴールキック。ここで、相手と競り合った佐藤(太)が足を負傷し、安田が交代しピッチへ。
その後もヴェルディユースの攻撃が続き、左サイドでファウルをもらい直接シュート、ここは指崎のパンチングでクリア、我慢の時間帯が続く。しかし、桐光学園も負けてなく、中盤で鳥海、桑原、安田、西川と繋ぎイサカへパスが回り、相手DFがクリアするのが精いっぱい。このコーナーキックを安田がニヤに走り込んだイサカにドンピシャリ合わせ、強烈なヘッドで待望のゴール。
桐光学園は攻撃の手を緩めることなく、小林、 安部から安田、鳥海、桑原、西川、イサカへパス回し、小川のポストプレーでチャンスを創り出し、
31分には西川のゴールとなったが、残念なオフサイドの判定。
その後も桐光学園の流れるようなパスプレーが続き、最後にはイサカがシュートを放つもポストに嫌われたり、相手GKのナイスセーブなど前半は押し気味で1-0で終了。

後半はヴェルディユースボールでキックオフ。後半の入りからヴェルディユースの攻めが続き我慢の時間帯が続く。
しかし、ジェフのパスを小川が落として、鳥海からのパスを西川がシュートするが相手GKのセーブ。このコーナーキックを佐藤(海)がゴール前へ蹴り込むと、相手のオウンゴールを誘い、開始早々2点目が入る。
その後も攻撃の手を緩めず、後半6分、安田が右サイドを駆け上がり、佐藤(海)から鳥海に、再び佐藤(海)に戻し、角度がないとこからシュートし決定的な3点目が入る。
お互いに切り替えの早い攻防が続くが、最終ラインで必死にDFが身体をはって点が入らない時間帯が続く。
10分過ぎ、相手ボールを安部がカットし前線へ、走り込んだ安田が相手キーパーとの1対1を右に外してしまう。直後、ベルディは右サイドをパスで崩し、最後は中央へカットインするがジェフがクリア。コーナーキックから相手FWのヘッドを指崎がナイスセーブ。
ヴェルディユースは、手を緩めずドリブルで仕掛けるが、桐光学園のDF陣はパスコースを消して最後のシュート態勢を作らせない。この後も互いに中々点の入らない時間帯が続く。
桐光学園は37分MF西川に代わりFW鈴木を投入。すると、右サイドからMF安田がドリブルで駆け上がりボールはMFイサカへ、ゴール前に走り込んだFW鈴木にチャンスが来てシュートを打つが無情にもバーの上へ。
ヴェルディユースは、サイドから10番を起点にサイド攻撃をしかけ、FWのシュートがポストに当たるが相手に押し込まれてしまい、遂に失点してしまう。
しかし、ヴェルディユースの攻撃もここまで、遂に終了のホィッスル。
後半は押し込まれる時間もあったが、パスが繋がった試合だった。この勢いを昌平高校、浦和レッズユース戦の連勝に繋げ、プレミア参入戦を勝ち抜き、プレミア昇格に繋げてほしい。そして、目指すは念願の全国制覇を!

【次節予定】
11月29日(日)
11:00キックオフ
vs昌平高校
昌平高校グランド

reported by H.Y

【高円宮杯U-18サッカーリーグ2015プリンスリーグ関東HP】
http://www.jfa.jp/match/prince_takamado_trophy_u18_2015/prince_2015/kanto/






















投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
友だち追加