試合結果

2015年7月 7日 火曜日

ルーキーリーグ関東・静岡第4節 vs 静岡学園



インターハイ予選もあり前回の集中開催から1ヶ月以上空いてのルーキーリーグ第4節。
御殿場時之栖で名門で巧者・静岡学園との一戦、トップチームも全国出場が決まり好調を維持しており、その勢いをそのまま持って行きたい一戦である。           
立上りから前からボールを奪いに行く動きで静学にプレッシャー掛けリズムを作り、試合を優位に展開していく。     
前半20分
右サイドの渡辺(陽)から真ん中の今井⇒渡辺(大)と繋ぎ、前線の倉持へ上げる。
倉持がヘディングしたボールが真上に上がり、もう一度頭でシュートを狙った瞬間に静学DFの頭が直撃!笛が鳴りPK獲得。     
倒れた倉持が自分でGKの動きをしっかり見て、左下に落ち着いて決め先制点。(1-0)          
先制点でリズムをつかんだ桐光は攻撃の手を緩めない。、
32分
ハーフウェイでの相手の横パスを渡辺(大)がカットしパス、受けた渡辺(陽)がドリブルでバイタルエリアまで切り込み、左を掛け上がってきた田中へ、田中が外から中へ切り替えしシュート!
敵DFも必至に守ろうとするがDF共々ゴールに吸い込まれる。(2-0)
    
続く36分には、左サイドの静学スローインをこの日キャプテンを務める今井が奪いサイドを駆け上がり、中の田中へ出し、ワンタッチで前の倉持へ。
倉持がそのパスをワントラップでDFを交し、そのままキーパー左を抜くアウトサイドのシュートで追加点を奪う!(3-0)
    
前半は幾つかの危ない場面もあったが、GK小関のナイスセーブもあり、全体的には攻守共バランス良くボールポゼッションも静学を圧倒できた。
     
後半は、前半の修正を静学ベンチがしてきて、静学らしいサッカーをし始める。
高い位置でのプレスから狭いところでのボールコント―ロール、パス回しをされ、桐光守備陣も引き気味になってきていた50分。
静学のプレスに対し、逃げる横パスを静学11番にインターセプトされ、そのままキーパー小関と1対1になり、ニアに冷静に流しこまれる。(1-3)
     
勢いに乗る静学は60分
自陣右サイドで粘られたボールを奪い中へ戻す。静学のプレスを避けてさらに中へ流し、一度キーパーへ返そうとトラップした所を静学41番に奪われそのまま左隅へ決められる。(2-3)     

狭いところでボールを回しながらゲームを作る静学と広いスペースを使いながらゲームを作る桐光との一進一退の攻防が続き、80分。
敵陣左サイドで静学10番がボールを持ち今井を交そうとしたところ転び、その隙を見て今井がボールを奪い得意のドリブルでリズミカルにサイドを上がり、中に切り込みながら、スルーパス!
反応した大場が出てきたキーパーより早くボールを触り、右サイドへ流す。そこにフリーで走りこんできた田中がゴールネットを揺らす!(4-2)    
失点が続いただけに相手を突き放す嬉しい追加点。
     
しかし、静学も諦めるわけもなく、柔らかいボールタッチとパス回し、前線でのプレスで桐光のDF陣を翻弄し続ける。
82分
前線でのプレスを交すように後ろでパスを回す桐光は、キーパーからのミドルボールをインターセプトされ、そのまま、右サイドへボールを流される。
右サイドの1対1から中へセンタリングされ、フリーの静学10番にドンピシャヘッドで決められる。(4-3)     
     
その後もお互い引く事なく、試合終了まで攻守の切り替えが早いゲームが続き、終ってみれば4-3の薄氷の勝利でした。
ルーキーリーグ3連勝とした。
市船戦での前半と後半の動きの違いに対応できなかった事からの修正が少しは出来た試合だった。
今後の試合でさらなる成長を期待したい。

reported by H.T.

【次節予定】
7月20日(月)
15:00キックオフ
vs流通経済大柏高校
流通経済大柏高校グランド

















投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
友だち追加