試合結果

2015年6月18日 木曜日

高校総体神奈川県予選二回戦 vs 座間高校



試合前に雨のぱらついた梅雨空の二回戦。仲間たちの力強い応援の歌声が絶え間なく響く。
第一シードの桐光にとっては初戦。何としてでも先制点をうばい一気に攻め込みたいところだが、座間はあたりが厳しいDF陣が揃っており、前半は一進一退。運動量豊富にイサカ・安田・鳥海らは、ドリブル、前線にパスを繰り出し、何度かフリーキックのチャンスを得るも、なかなかネットをゆらすまでにはいたらない。

後半15分過ぎ、曽木が入り、薄日がさして蒸し暑さの増したピッチの空気が変わった。パスまわしのスピードが上がる。小林→桑原(孝)→佐藤(海)のクロス、小川が胸でおしこむが、惜しくもゴールポストにきらわれる。相手選手と激しくぶつかった桑原(遥)に代わり佐藤(太)が投入される。細かくパスをつないで曽木・桑原(孝)が果敢にゴールをねらう。 イサカの放ったシュートは、相手GKのナイスセーブにはばまれ得点ならず、試合は延長戦へ。後半、田中(雄)を起用したが、両者ともに一歩も譲らず、0-0のまま、ついに決着はPK戦となった。

守護神GK指崎は終始落ち着いていた。リードを許して迎えた座間の3人目を止め、桐光はまた流れをとりもどす。サドンデスにもつれこんだ座間の6人目。張りつめた静寂の中、指崎の体は左に跳び、見事ボールをはじき出した。
常に周りから注目される桐光であるが、大きなプレッシャーを背負いながらも、難しい初戦を制し、準々決勝へ勝ち上がった。

reported by M.N.


















投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
友だち追加