試合結果

2015年5月27日 水曜日

ルーキーリーグ関東・静岡2015第2節 vs 帝京第三(後援会専用)



ルーキーリーグ集中開催二日目
前日、流経柏に0-1と惜敗した帝京第三。
対する桐光も前日の鹿島学園戦後半から桐光らしい展開が出来る様になりチームの形が出来つつある。

5月15日に山梨学院を破り、チームに勢いがあり、その勢いをルーキー達も持って来ている感があり、立ち上がりから切り替えの早いゲーム展開が続く。
前半11分、ゴール前の競り合いから相手のループ気味シュートで失点(0-1)
昨日と同じく開始早々一瞬のディフェンスの隙を付かれ先制点を許す。     
失点後も、帝三の高いプレスに、攻守かみ合わず相手ポゼッションでの時間帯が続き劣勢を強いられる。
しかし、前日からの横への展開が徐々に繋がり始め、相手にディフェンス範囲を広げ、フリーキックやコーナーキックをもらい、攻撃でリズムをつかみシュートまで持ち込む機会が増えてくる。
そんな中の、37分。右コーナーキックからのこぼれ球を今井がゴール前につなぎ大場がコースを変えゴールネット上に突き刺さる!(1-1)
その後、同じく右コーナーキックから、加藤のヘッドがゴールに吸い込まれ、追加点!!
と思いきや、オフサイドの判定。
流れは桐光のまま前半を1-1で折り返す。

後半立ち上がりから終始桐光ペースで試合が進む。
50分コーナーキックを全て任されている渡辺(大)の左からのコーナーキック。
全体がニアに流れた上を超えて、ファーに流れ、どフリーになった田中が打点の高いヘディングを魅せて逆転。(2-1)
63分、田中が右サイドから切込みセンタリング。受けた渡辺(大)から大場へとつなぎ追加点。(3-1)
73分、渡辺(大)のロングフィードを倉持がナイストラップ!
そのまま、キーパーかわしてゴール!(4-1)
74分、ハーフウェイで渡辺(大)から中の倉持へ、倉持がワンタッチで渡辺(大)へ戻し、渡辺(大)がフワッとペナルティーアーク付近へ落とす。判断に迷ったキーパーのすきをついて、渡辺(陽)が走り込みキーパー頭上をヘディングがゴールに吸い込まれる(5-1)
82分、渡辺(陽)がCBへのプレスに対し、キーパーへ戻す。そのままキーパーへプレスを掛けると、焦った相手キーパーが慌ててボールを出し、そこへ走りこんだ倉持がボールをカット。そのまま持ち込み、落ち着いて左隅に決める(6-1)

前半途中から攻守のバランス取れ、ほぼ一方的に攻め続ける事ができた。
終わってみれば2戦続けての大勝であるが、立ち上がりの失点含めまだまだ課題は多い。
ルーキーリーグは始まったばかりであるが、3分の1を消化したことになる。
課題修正して今後の躍進に期待したい。

reported by H.T.




















投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
友だち追加