試合結果

2014年11月30日 日曜日

【試合観戦記】2014/10/12 第93回 選手権大会 神奈川県予選

神奈川県4連覇をかけた選手権予選がいよいよ始まる。初戦の相手は神奈川KSリーグでも好調の日大藤沢。しかも相手ホームのグランドで、9:30のキックオフにもかかわらず、スタンドは満席である。そんなアウェーの雰囲気を払拭するためにピッチに送り出されたスターティングメンバーはGK1白坂 DF5堀内 3井上 4東海林 7池田
MF 6樋口 10有馬 8安田 15桑原  FW9小川 23佐藤
プリンスリーグ後半も、はや3戦目。上位チームとの直接対決に備え、勝ち点3を獲得したい地元同士の一戦である。
前半、リーグ戦好調の両チームは互いに譲らず一進一退の攻防が続く中、9分日大藤沢が先制。まだまだ早い時間での失点なので、選手権予選という独特の雰囲気にもかかわらず、選手たちには動揺はない。直後の12分、8安田のフリーキックを、3井上がゴール前でヘディングの折り返し、それを9小川が押し込み、同点に追いつく。前半30分以降は硬さの取れた桐光の選手たちのスピードが相手を上回るもゴールまでは奪えず、1-1で前半終了となる。
後半10有馬に代わり16小林を投入し、早い時間帯での勝ち越しを狙うも
やや、相手ペースでゲームは進む。ひやりとする場面もある中、観客席では少人数にも負けず、控えの選手たちの応援が大きくこだまする。
後半35分、ここまで踏ん張ってきたDF、GK陣を振り切った相手ゴールで、均衡が崩れる。必死の反撃をする桐光も後半39分11イサカを投入し、藤沢ゴールに襲いかかるが、最後まで同点ゴールを奪えず、試合終了のホイッスルが鳴った。

この選手権を目標に、休みなく厳しい練習に取り組んできた選手達。勝負の世界とは言え、本当に悔しい思いであろう。この先輩達の涙を忘れず、1,2年生の皆さんには悲願の全国制覇を達成してほしいと願うばかりである。まだプレミア参入戦をかけたプリンスリーグも残っており、桐光サッカーらしい、最後まで諦めない全力プレイでこの悔しさを晴らしてほしい。












投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
友だち追加