試合結果

2014年1月 2日 木曜日

2014/1/2(木) 第92回全国高校サッカー選手権 桐光 1-0 高知商業


公式記録

いよいよ全国高校サッカー選手権大会が始まった。特に3年生は負ければ即引退となるだけに、一日でも長くサッカーが出来るよう、そして昨年同様、改修前最後の国立のピッチで試合が出来るようがんばって勝ち上がって欲しい。
また、サポーター達も特に3年生の父兄は3年連続で正月を三ツ沢で迎えられる喜びを感じつつ、選手達の奮闘に期待し精一杯応援したい。
相手は高知県代表の高知商業、全国に出てくる相手に楽に勝てる相手はいないが、プレミアリーグで揉まれた経験を活かし、確実に勝って3回戦に進んで欲しい。

試合開始から積極的にプレスをかけにいくと思いきや、逆にしばらく攻め込まれる時間が続く。しかし7、8分過ぎたあたりから中盤を支配し始め相手ゴールに迫るシーンが増える。
積極的なMF池田のシュートなどシュートの本数は増えるもゴールにつながらない展開が続くが、14分、DF関根のセンタリングからFW植木がFW小川にシュート気味のパスを送ると小川がヒールでシュートを放ち、相手GKが弾いたこぼれ球をMF蔭山が押し込み、待望の先制点をGETした!!
その後も相手が積極的にボールを取りに来ない分、MF大竹など中盤を起点に何度もチャンスを迎えるもそのまま前半終了。

後半もサイドを起点に攻めるもなかなか2点目につながらず、サポーターも苛立ちが募って来た。逆に相手はミドルボールを前線に当て、そのセカンドボールから何度か桐光ゴールに迫る。MF有馬やMF桑原など交代で出場した選手のサイドの駆け上がりや、途中で中央MFにチェンジしたMF今来からの縦パスに反応したFW植木の決定的なシュートシーンなどもあったが、結局後半は得点できずそのまま1-0で終了した。

課題の残る試合となったが、GK白坂の安定したキャッチングが光り、とにかく難しい初戦を完封勝利出来たことは大きい。
次戦は明日3日、相手は昨年の初戦で対戦した四日市中央工業と決まった。
昨年のリベンジに燃えてくる相手に対し、桐光らしい積極的なプレスからの攻撃で昨年同様、四中工に勝ってベスト8に進んで欲しい。
がんばれ桐光FC!!























投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
友だち追加