試合結果

2013年11月 5日 火曜日

2013/11/3(日) 選手権 神奈川予選準決勝 桐光 1-0 平塚学園


全国高校サッカー選手権、神奈川県予選もいよいよベスト4、今日勝てば3連覇に王手がかかる。相手は高校総体予選の初戦で苦しめられた平塚学園、雪辱に燃えているだけに先週の湘南工科戦で見せた集中力を途切れさせないゲームをしなければ、足元をすくわれてしまう危険な相手だ。

前半開始より桐光は前線から積極的にプレスをかけたいところだったが、相手の小刻みなパス交換からサイド攻撃を仕掛けられ防戦一方となる。13分、17分と非常に危ないシーンをなんとか凌いだ後、20分過ぎよりボランチのMF大竹、MF蔭山の踏ん張りで、中盤を支配できるようになってからは桐光のチャンスが増え始める。35分のFW植木のバーを惜しくも越えるシュート、38分MF今来のバーを直撃する惜しいシュートの後、40分、DF関根からのセンタリングをFW植木が上手くトラップしそのまま右足を振りぬくとゴール左隅に突き刺さり、待望の先取点をGETした!!

後半は積極的なプレスが効きくようになり、桐光が完全にゲームを支配し始める。しかし、FW小川やFW植木の決定的なシュートが相手GKの好セーブに阻まれるなど、何度も平学ゴールを脅かすもののなかなか追加点が奪えない。このようなゲーム展開では得てして相手の数少ないカウンター攻撃で失点しかねない状況だったが、桐光は中盤でしっかりボールを拾い、相手に攻撃の隙を与えない。唯一、70分過ぎの相手CKが桐光ゴール前で混戦となり、一瞬ヒヤリとさせるシーンがあったものの、本日非常に安定したキャッチングで桐光ゴールを守ったGK白坂を中心に後半は終始安定した試合運びを見せ、結局1-0で勝利した。

歓喜に沸く桐光サポーター、そしてあと1勝で3連覇の偉業達成だ。相手はこの後の試合で日大高校に勝った座間高校に決まり、昨年の決勝と同カードとなった。
昨年の雪辱に燃える相手に対し、その気迫に絶対に負けない気合で臨めば、必ず神奈川NO:1になれるはずだ。とにかくあと1勝!
頑張れ桐光FC!!



image1image2






















投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
友だち追加