試合結果

2013年10月14日 月曜日

2013/10/6(日) プレミアリーグ第15節 桐光 5-5 清水エスパルスユース


公式記録

プレミアリーグも終盤戦となる第15節、いい形にはなってきているものの、なかなか勝てない桐光FC。プレミア残留は厳しくなっているが、26日の選手権予選初戦に向け弾みがつく気持ちの入った試合を見せて欲しい。今日の相手はアウェーでの1戦目で0-5と大敗を喫した清水エスパルスユース。鈴木監督の地元、横須賀でのホーム戦はやられたらやり返す、10倍返しだ!!といきたいところだ。

試合開始早々の前半3分、CKからDF中島が頭で合わせプレミア初得点をあげたが、これが波乱に富んだ試合の幕開けとなった。
11分、味方DFのヘッドクリアのこぼれ球を相手#18が左足で豪快に決め1-1の同点、ところが21分中盤でボールを奪うと素早く前線へ、FW植木→MF今来と渡り、後ろから来たFW小川が右足で冷静に決めて再び突き放す。
20分を越えた頃から相手はJユースらしい人とボールが見事に連動したすばらしいパスワークが冴えだし、35分、42分相手#11に逆転ゴールを決められ前半終了。

後半開始早々の49分、相手#10が右サイドを駆け上がり、個の力で味方DF陣を翻弄し2-4となる。
ますます点差がついてしまうのかという雰囲気が漂い始めたが、64分、途中出場のMF有馬からMF大竹→MF池田と渡り、最後はDF杉本→MF今来への縦パスが通ると、精一杯伸ばした足で押し込み1点差に詰め寄る。
清水ユースは72分、CKのクリアボールから右サイドにつなぎ、#17のシュートのこぼれ球を#5が決めてまた2点差に広がってしまう。

結果論だが今日の桐光はこのままでは終わらない雰囲気があった。78分、相手のパスミスをMF大竹→MF今来→MF池田→MF今来とつなぎ最後はFW小川のゴール前で相手をかわしながら技ありのループシュートが決まり1点差に縮める。
そして、86分、FKをセンターラインとペナルティーエリアの間付近で得る。DF杉本がゴール前へ送ると混戦から右に出たボールをDF中島がグランドでセンタリングを送るとMF今来が倒れ込みながらゴールを決め、ついに同点に追いついた!!

試合は結局5-5のドローで終了。壮絶な打ち合いとなったこの試合、勝つことは出来なかったがよく2点差を追いついた。
相手は敵ながらあっぱれと思わせるくらいに華麗なパスワークを見せた。一方桐光は決して華麗とは言えないが愚直に泥臭くパスをつなぎ相手ゴールを攻めた。
今日の試合のように前へ向かう気持を強く持てば、選手権予選も必ず結果を残してくれると思う。がんばれ桐光FC!!













投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
友だち追加