試合結果

2013年9月 9日 月曜日

2013/9/8(日) プレミアリーグ第12節 桐光 0-2 三菱養和SCユース



公式記録

<前半>
試合開始とともに降り始めた雨・・・負けられない戦いが始まった。

5分:養和FW木村が、後ろから蹴り出された大きなパスを、ゴールに向かいながら背中でトラップし、前に流したボールをシュート、1点目。
7分:養和MF下田が、桐光DF2名を抜いてシュート、2点目。
12分:桑原が右からシュート、キーパーにはじかれる。
14分:宮野のクロスから今来がシュート、キーパーのナイスセーブ。
21分:杉本→蔭山→植木→今来のシュート、キーパーセーブ。
27分:今来が相手のボールをカットしてシュートするも、キーパー正面。
35分:桑原のセンタリングのこぼれを、樋口がシュートするも決まらず。

立ち上がりの2点を追う流れの中で、気持ちは焦るものの全体的に嫌なムードだけが漂う・・・ 前節の札幌戦を思い浮かべる展開。

<後半>
3バックの布陣で開始。雨はますます激しくなる・・・

20分までは、攻守が激しく入れ替わる展開、以降は怒濤の反撃開始。
21分:植木のパスを樋口がシュートするも惜しくも枠外。
22分:池田のクロスを小川が頭で折り返すも植木惜しくも不発。
25分:加瀬がケガから復帰し、樋口と交代、プレミア初出場。
30分:肉と牛乳パワーが不足してたか、大竹負傷交代。
37分:杉本の縦パスを受けた植木がシュート、惜しくもわずかに枠外。
39分:1対1の養和のシュートを、白坂がファインセーブ。
42分:中島のパスに植木のドンピシャヘッド、これも惜しくも枠外。
46分:加瀬がプレミア初シュート、が決まらず。
47分:池田のクロスのこぼれを小川がきれいに反転シュートするも、キーパーセーブ。

結果的に、開始直後の2点が勝敗を決めた。

桐光の選手諸君、サッカーは11人でやるもの。
それぞれの選手が、それぞれの場所で、それぞれのサッカーを自分だけでせず、仲間の動きを良く見よう!
そして、どんなサッカーをするのかを共有した上で、動きをリンク・連携させ、点を取るために前を見よう! ゴールに向かおう!
もう絶対に負けられないんだ!

最後に、あえて言おう・・・
西健が・・・空からいつも見てるんだぞ!
勝とう! 空とピッチとベンチと共に!











投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
友だち追加