試合結果

2013年6月28日 金曜日

2013/6/26(水) ルーキーリーグ 桐光 1-1 桐蔭

ルーキーリーグもいよいよ後半戦に突入。野球部の仇討ちというわけではないですが、勝ちたい相手(桐蔭)との戦いは、大粒の雨と時折吹く強い風の中、18:30のキックオフとなった。一日中降り続いた雨により、ピッチは水たまりが半分以上あるコンディション。このコンディションを最悪と捉えるか、ラッキーと捉えるかは、選手の気持ち次第。技術よりもこの「気持ち」の持ち方が、このような試合では重要となる。 今日の桐光のスターティングフォーメーションは、いつもと少し違う、1-4-1-4-1。
        指崎
小山・三觜・安部・下杉
        小林
桑原・曽木・安田・小渕  
        イサカ
雨天を考慮し、パスサッカーではなく、サイド突破からのクロスもしくはロングパスからの個人技による攻撃を考えた、前線を厚くした布陣との事。(息子談) さて、試合が始まるやいなや、サッカーを観ているのか、水球を観ているのか錯覚するくらいの水しぶきの中、激しい攻防が続く。まず最初のシュートは桐蔭。ロングパスから個人技によりセンターからシュート。危なげなく指崎がセーブしたものの、桐光が狙っていた形をまず最初に決められてしまった。その後17分に相手のカウンター攻撃。2人でゴール前まで持って行かれ、人数的に決められてもおかしく無いところを下杉がカット。そしてそこから繋げてイサカがシュート。惜しくもバーに当たりゴールとはならなかったものの、ゴールの予感を盛り上げた。その直後、今度は曽木がペナルティーエリア外からのシュート。桐光の猛攻が続く。さらに24分スルーパスに走り込んだ曽木が、ダイレクトで右足シュート。しかし丁度水たまりの中からのシュートであった為威力が半減し、ゴールとならず。28分にはイサカが左ラインを駆け上がりシュート。前半の中盤戦は桐光のシュートラッシュとなった。得点にはいまだ繋がらないが、いつ入ってもおかしく無い雰囲気に、びしょ濡れで応援している父母達も盛り上がった。そして29分。 コーナーキックを取った桐光のキッカーは安田。左足で少し高めに浮かした、ファーサイド狙いのボールはキーパーの指先が届かずそのままゴール。待望の先取点を獲得することが出来た。後から息子に聞いたところ、安田は「狙っていた」と話していたとの事。流石!桐蔭も負けずに左サイドからのドリブル攻撃を試みるも、安部がきっちりカット。阿倍と三觜の見事なポジショニングによるディフェンスが光った。
1-0で折り返した後半戦。まず最初のシュートは桐光。桑原がドリブルで右サイドを突破。角度のないところから右足でシュートを放つが惜しくも枠外のサイドネット。以前流れは桐光にあるようだ。その後後半5分。コーナーからのこぼれ球を下杉が右足でロングシュート。ゴールの上を大きく外すシュートとなったが、そのアイデアとパワーは素晴らしい。コーチからも、「ナイス~シモ~!」の声がかかる。7分にはコーナーからのこぼれ球を小林がシュート。入ったと思ったが、キーパーのファインセーブに阻まれた。小林はその後12分にもロングシュートを放った。これまた観客は、「入った」と思ったのだが、キーパーが左手を伸ばしファインセーブ。桐蔭のキーパーも雨で滑る中、ファインプレーを連発させていた。その後13分には安田が魅せた。相手をマルセイユルーレットで交わし、ドリブルからのミドルシュート。惜しくもキーパーに弾かれたものの、「個」としてのレベルの高さを魅せてくれた。依然桐光ペースの後半20分、桐蔭の選手交代。その1分後、桐蔭のペナルティーエリア外からのミドルシュートが桐光ゴールに突き刺さった。ゴールを放った選手もあっぱれだが、桐光ペースの雰囲気を変える為の選手交代をあの時間帯で行った、桐蔭の監督の采配にもあっぱれである。1-1とされ、なんとか勝ち越したい桐光はその後も積極的に攻撃を仕掛ける。26分、ドリブルで抜け出した曽木は相手ディフェンス及びキーパーの位置を見てループシュートを放つ。またしてもキーパーに阻まれるも、センスの良さが感じられた。28分、桑原out、佐藤in。30分、小渕が左斜めミドルの位置から強烈なシュート。しかし、あと一点が取れない。40分、小渕out、大木in。最後まで攻め続けたものの、1-1の引き分けで試合終了。
シュート数、コーナーキック数、ポゼッション、全てにおいて桐光が大幅に優っていただけに、勝ちたい試合ではあったが、何が起きても不思議のない雨の試合で負け越さなかっただけでも良かった。また、パスが使い辛い雨の試合で、個の技術を多くの選手が出せたことも良かったことの一つ。これで現在桐光は勝ち点10でリーグトップではあるものの、勝ち点9の、前橋育英・流経柏・清水桜が丘はまだ4試合。5試合目の結果では、トップの座を引き渡す可能性もある。 残り4試合、全て全勝し、優勝を目指していきましょう!父母会も一丸となって応援していきますよ~!

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
友だち追加