試合結果

2013年5月 4日 土曜日

2013/5/3(金) ルーキーリーグ  桐光 3-0 西武台

ルーキーリーグ第2戦、茨城波崎にて、西武台高等学校との対戦となった。
キックオフは13時、晴天に恵まれたものの、海からの風が強く、動いている選手達にとっては程よい寒さかもしれないが、観戦をしている我々は、冬用のジャケットを着て丁度良い位の体感温度である。
さて、今回の試合は、少々異例で、本日よりスタートした波崎オーシャンフィールド合宿で親善試合予選リーグを兼ねた試合となり、勝者はルーキーリーグ及びオーシャンフィールドカップ予選リーグ両方の勝ち点を得ることが出来る事になる。

相手の西武台は、バランスのとれた良いチーム。プレスによるプレッシャー、縦のスルーパスからのセンター攻撃、サイド突破からのセンタリングもある強豪校だ。開始早々から両校プレスにより、激しい中盤争いが始まった。そんな中、安田が切り込み、ゴール左側から右足でシュート。惜しくもクロスバーに嫌われ、序盤でのゴールとはならなかったが、選手及び観客を含め、「今日はいける!」と思わせてくれる良いシュートを放ってくれた。
そして前半10分。右サイドラインからのスローインに、観客がどよめいた。小山のスローインだ。鍛え上げられた全身のバネから生み出される彼のスローインは、サイドラインから、ゴールまで直接到達する。惜しくもゴールには結びつかなかったが、今後桐光の強力な武器の一つになることは間違いない。桐光が押し気味の展開で進んでいた試合ではあるが、西武台も随所で桐光ゴールを脅かした。
前半22分、ペナルティーエリア外の混戦から、ミドルシュートが放たれた。ここは指崎ががっちり両手でセーブ。
そして前半32分、相手ディフェンダーのパスをカット。プレスが形になった瞬間だ。その後ボールは小野へ。前を見ていた小野は、前線を走るイサカにドンピシャリのクロスボールを入れた。小野のクロスを胸トラップし、ゴール左へ駆け上がったイサカは、キーパーの位置を落ち着いて確認し、左足で右サイドネットへゴーーーール!!待望の先取点。プレス、ピンポイントのクロス、そして落ち着いてシュート。それぞれが自分の仕事をきっちりこなした、価値ある先取点である。先取点を取られた西武台は前半の終盤、怒涛の攻撃を仕掛ける。中でも危なかったのは、前半38分、左サイドラインからのスローインからクロスが上がり、ヘディングでループ状のシュートが桐光ゴールへ。入ってもおかしくないタイミングと角度であったが、指崎の見事な反射神経でまさに指先でセーブ。1点の価値があるファインセーブを見せ、前半を1-0で折り返す事ができた。

指崎のファインセーブのお陰か、後半に入っても桐光ペース。
後半10分、ロングパスを受けたイサカがドリブルで相手陣内を駆け上がる。しかし、仲間の上がりが追いついていなかったため、キープしタイミングを見計らって縦にスルー。それを受けた安田はワンタッチで相手をかわし、キーパーの動きをよく見て、落ち着いてゴーーーール!!2点目となった。
さらに後半18分、フリーキックのボールを混戦の中から小野がゴーーーール!!相手の戦力を喪失させるダメ押しの3点目を決めた。その後桐光は、23分に小野を下げ佐藤を投入。28分には桑原out・大木in、さらに、小渕/小山out・松井/佐々木inと、全員参加での第2戦は、3-0での勝利でホイッスルとなった。

まだまだ反省点や修正点は多いのだろうが、攻撃面・守備面ともバランスの良い、伸びしろの大きいチームではないかと感じる事ができた。勝利も敗戦も全て身にして、更なる高みを目指して欲しい。











投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
友だち追加