試合結果

2013年5月21日 火曜日

2013/5/19 ルーキーリーグ 桐光 4-0 前橋育英

一年生にとって初めての遠征から帰ってきての初戦、オーシャンカップで優勝した勢いそのままに、更なる結束をした選手達に期待したいところ!相手は名門、前橋育英である。

キックオフ早々、桐光はサイドからセンタリングを上げ、先制シュート放つも枠の上。その後も桐光はシュート放つも得点に至らないまま、ゲームは一進一退で進むが、前半15分頃から、桐光は厳しい時間帯をむかえる。前橋育英はサイドから、センターからと個人技も見せ、ゴールに迫り、桐光は自陣での守備時間が多くなる。
前橋育英に何本もシュートを放たれるも、桐光ディフェンス陣の体を張ったプレーと、GK指崎の神がかりとも思える、再三のファインセーブで、0対0のまま前半戦を終了した。
 
後半に入っても、前橋育英は攻撃の姿勢変わらぬまま、猛攻をしかけてくる。しかしその中でも、桐光はいい形を見せ始め、パスがつながり出す。そして後半14分、多賀からロングボールで前橋育英のディフェンスへ、クリアしようとしたボールに、桑原が反応しキーパーも交わしシュートを決めた。
桐光が先制を決めたのちも、前橋育英はシュートをガンガン放ってくる。しかし前半に続き、桐光GK指崎のファインセーブで、失点せず、迎えた後半31分、右サイド小山からクロスが入り、ゴール前にいた小川に合わせ、シュートを決めた。その2分後(後半33分)小山のスローインから、小渕がおとし、それを安田が左足でシュートを決め、またもその2分後(後半35分)前橋育英のコーナーキックをカウンターで攻め上がり、小渕がスルーパスでイサカへ!イサカがドリブルでそのまま抜け出し、ゴールを決めた。

結果4対0で勝利と一方的とも思えるスコアではあったが、厳しい時間もあり、何とか凌いで、守る者が守り、決める者が決めるという、彼等の成長が見られた素晴らしい試合でした。











投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
友だち追加