試合結果

2013年3月 9日 土曜日

2013/3/9(土) ジャパンユース トップリーグ 桐光 3-1 近畿大附属

今日は、花粉症の人を除いては、暖かく観戦日和となった。選手たちは試験の疲れも見せず試合に臨んだが、時折集中を欠く場面が目立った。午後3時すぎに、近大付附属のキックオフで試合開始。

序盤は、両者丁寧に繋ごうとするも主導権を握れなかったが、徐々に桐光が主導権を握る。まずは、右からグランディングのセンタリングに合わせFWがシュート。これが決まりまずは、1-0
ポゼッションが勝る桐光は、左SBが持ち込みそのままシュート。しかし、枠外に外れる。その後、相手FK時一瞬のすきを突かれ、キーパーと1対1となるもGKのナイスセーブに助けられる。桐光の攻撃、丁寧に繋ぎFWが少し遠目からシュート。これが決まり2-0
この後、相手もパスがつながりだし、相手のシュートが増えてきた。相手CKでこぼれをシュートされるも、GKナイスセーブ。点数の動きはなかったが、近大付属の10番がイエローカード、そのまま、前半は2-0で終了。

後半序盤早々、中央付近でアフタータックルで相手2番イエローカード。その後、相手に中央付近からFKを許し、直接シュートされるが、GKのナイスパンチにより、難を逃れる。その後も相手に攻められるもディフェンス陣が踏ん張る。桐光も、右から攻め上がるもシュートはゴール左を外れる。その後、右からパスを繋ぎ、最後は左からシュートを放ち3-0 相手の攻めに対応が一瞬遅れ、縦のスルーパスを左からシュートされ3-1となる。その後、中央付近で相手4番がイエローカード。右からFKを直接狙うもGKにキャッチされる。終盤、相手のシュートをブロックしたボールが中盤にいたFWに届き、そのまま持ち込みシュートを放つが、枠を外れる。その後は動きなく3-1の試合で終わった。

試験明けの影響もあったのか、一瞬の隙を突かれる場面が終始あったように思う。
まとまりが出てきたと思うが、パスミス、トラップミスには気を付けてもらいたい。









投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
友だち追加