試合結果

2012年12月15日 土曜日

201212/15(土)プレミアリーグ参入戦 会場:埼玉スタジアム2002第2グラウンド キックオフ:11時00分  桐光 2-1 ジュビロ磐田



今日の相手は、プリンスリーグ東海を得失点差で切り抜けた、元ジュビロ磐田のJリーガー鈴木秀人監督率いるジュビロ磐田である。四日市中央工業とは、1勝1敗と分けている。

今日のスターティングイレブンは、FWは野路、市森、MFは有田、松井、多田、橋本(裕)、DFは中島、小松、諸石、菅本、GKは長津。大田が用事で欠席のため、有田が左MF、橋本(裕)が右MF、菅本が右サイドバックと、ポジションを微調整しての1戦となった。

前半11分、中央やや左サイドでボールを持った松井は、正確なサイドチェンジのボールを右サイドで待つ橋本(裕)に送った。左利きのドリブラー橋本(裕)は、小刻みで不規則なリズムでDFを翻弄しながら、内側に切れ込んでいった。目の前のDFが一瞬体勢を崩した瞬間、左足で速いグラウンダーをゴール前に蹴り込んだ。逆サイドからタイミング良く合わせて来たのは、プリンスリーグ関東得点王の野路。その早く低いボールに、スライディングシュートでゴールキーパーの足元を抜く見事な先制点となった。

続く12分には、菅本からボールを受けた松井が個人技でDFを抜き去り、右サイドからいいクロスを入れた。惜しくも味方に合わず、相手DFにクリアされるも、その先に待っていたのはDF中島。その転がってきたボールを浮かせずに蹴り込んだボールは、地を這いながらゴール右隅に飛んで行った。惜しくもゴールキーパーに弾かれたが、CKのチャンスに変わった。その右からの松井のCKに頭で合わせたのは、この日ゲームキャプテンを任された諸石。ゴール左隅を狙ったそのボールは、僅かにクロスバーを越えていった。桐光の連続攻撃で観客席は大いに盛り上がった。しかし、この後はジュビロの猛反撃が始まり、14分、17分、18分、19分、20分と立て続けにシュートを打たれて厳しい我慢の時間帯が続いた。そして24分には、右サイドからのボールを一旦はクリアしたものの、また前線のFWにボールを入れられてしまい、シュートを決められてしまった。しかし、副審の旗が高く上げられ、主審の笛が鳴りオフサイドの判定に助けられた。前半45分には、左からのクロスをDFがクリアしたものの、再びこぼれ球をシュートされ、長津が体勢を崩しながらもボールをしっかり体に当てて、ゴールを死守した。1点のリード守り、前半を終えた。

後半開始1分、やや遠めから打たれたシュートをジャンプ一発、長津が片手1本でクロスバーの上に弾き出した。CKのボールをDFがクリアするも、また奪われ再びクロスを入れられるなど、前半の流れを断ち切れない立ち上がりかと思われた。

後半4分、中島からのボールをDFをしょいながらもキープした市森は、中央に走り込む松井に送り込んだ。巧みなボールコントロールでドリブルに入った松井は、逆サイドにフリーで走り込む橋本(裕)に丁寧なパス。橋本(裕)は右サイドでも水を得た魚のようにドリブルが冴え渡り、DFを交わしゴール左隅に丁寧にグラウンダーのシュートを蹴り込んだ。桐光に待望の追加点をもたらした。

後半28分には、久々の先発起用で左サイドからいいドリブルを見せた有田に代わり、加藤がピッチに入った。

後半31分には、前線からのプレッシャーをかけ続けた市森に代わり、長い怪我から復帰の2年加瀬がようやくプリンスリーグのピッチに立った。

後半33分には、ボランチとして球際の強さを遺憾なく発揮した多田に代わり、チームキャプテンの佐藤(建)が入った。

44分には、今日大活躍の橋本(裕)にかわり、関根が入った。45分には、司令塔松井に代わり、今来がピッチに入ろうとしたが、その矢先にジュビロに1点取られてしまった。後半のロスタイム、1点差に詰め寄ったジュビロは大いに盛り上がった。そのため、急遽メンバーチェンジを撤回し、大黒柱松井をピッチに残した。

ジュビロの怒涛の攻めと、桐光の体を張ってボールに飛び込む懸命のクリアが繰り返された。観客席はヒヤヒヤの連続だった。

ロスタイム4分、クリアボールが流れた後、タイミング良く松井がスライディングしてボールを取りに行ったが、相手と交錯して不本意なファールを取られてしまった。ここで、倒れた松井は起き上がれない。主審に呼ばれチームドクターが駆け付けた。そのドクターから大きく『×』サインが出された。観客席では松井の怪我を心配しサポーターがざわついた。担架で運び出される松井を心配に見守る桐光サポーター。松井がプレー続行不能になったので、再び今来が呼ばれ全力疾走でピッチに入ったのは、ロスタイム5分のことだった。松井の状態が心配されたが、足のツリと確認され、観客席は心の底から安堵した。

試合は、5人の交代枠を使い切った桐光が2-1で見事な勝利を収めた。プレミアリーグ参入まで後1つとなった。

(父母観戦記)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
友だち追加