試合結果

2012年11月 4日 日曜日

2012/11/4(日)第91回全国高校サッカー選手権大会 神奈川県予選会 準決勝 会場:等々力競技場 キックオフ:12時00分 桐光 1-0 日大藤沢



雲ひとつない秋晴れの空の下、たくさんのサポーターが終結し、スタンドがライトブルーの桐光カラーで染まった。今日の相手は、第4シードからの勝ち上がりである日大藤沢。最終予選は、2戦連続でPK戦を戦いしぶとく勝ち上がってきている。

 スターティングメンバーは、FW野路、市森、MF橋本(裕)、松井、多田、菅本、DF中島、小松、諸石、大田、そしてGK長津の布陣。

 日大藤沢のキックオフで始まったボールから、左からのクロスまでつながった。一旦は桐光DFが弾き返すが、こぼれたボールを少し遠目からシュートを打たれてしまった。長津がしっかりキャッチするも、日大藤沢の攻めの姿勢が強く感じられた。

 前半6分、右やや遠目のFKを諸石が蹴り、前線に上がっていた大田がヘッドで折り返した。そのボールが、松井、野路と繋がり、最後は菅本の前へ。菅本が思い切りよくゴールを狙うも枠をとらえる事は出来なかった。

 前半7分、中島からのスローインのボールを左サイドの市森がしっかりポストプレーでキープし、中央でポストの位置に入った野路に振り向きざまに絶妙のパス。野路は、背中にDFをしょいながらも、右サイドに走り込む菅本にきれいなスルーパス。たまらず飛びだした相手GKをワンタッチで軽くかわし後、右足でゴールネットを突き刺した。日大藤沢3人のDFが、懸命にゴールの中まで戻ったが、菅本の正確な落ち着いたシュートで先制点となった。

 前半31分、橋本(裕)が中央で倒されるも笛は鳴らなかったが、しばらくゲームが中断した。再開して、日大藤沢のボールがつながり、ゴールほぼ正面で矢の様なシュートを打たれてしまった。長津が横っ飛びのパンチングでしっかり弾き返した。観客席が大きくどよめいた。

 この後も、日大藤沢のCK、FKの攻撃が続いたが、何とか凌いで1点リードのまま前半を終えた。

 後半も日大藤沢の攻撃の手はゆるまなかった。右サイドから何度も攻められてクロスボールを上げられるが、決定打にはならなかった。

 後半11分には、中央でのミスパスが相手に渡り、ほぼ正面から至近距離から強烈なシュートを打たれたが、長津の超人的なファインセーブでピンチを脱した。再び、観客がどよめいた。

 後半15分、負傷が癒えない野路に代わり植木が、後半20分には、多田に代わり、田中がそのまま左MFに入った。

 後半17分、相手右サイドからの攻撃を、中島、小松がしぶとく粘り、クロスを上げさせることなく、攻撃を封じ込めた。

 後半34分、橋本(裕)に代わり、佐藤(建)がボランチに入った。

 後半37分、やや押され気味の中、ワンチャンスが巡ってきた。右サイドでボールを受けた松井は、タイミング良く中央前線の植木に絶妙のパス。植木もダイレクトで狙ったが、僅かに枠を越えてしまった。

 ロスタイムに入った後、足がけいれんした中島に代わり、関根がピッチに入ってしばらくして、試合終了の笛が鳴り、1-0で決勝への切符をつかんだ。次週は、第4シードからの勝ち上がりの座間とニッパツ三ツ沢球技場での決勝戦となる。

(父母観戦記)
image1image2image3

 
image1image2image3

 
image1image2image3

 



投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
友だち追加