試合結果

2012年9月22日 土曜日

2012プリンスリーグ関東1部リーグ 9月22日(土) 会場:しんよこフットボールパーク キックオフ:11時00分 試合結果:桐光 2-3 柏レイソル


2位柏レイソルを、しんよこフットボールパークに迎えての天王山。秋の訪れを予感させるような涼しい風の吹く中、試合は始まった。スターティングメンバーは、FW野路、植木、MFは橋本(裕)、松井、佐藤(建)、菅本、DFは中島、小松、諸石、大田、GKは長津。MF多田は、イエローカードの累積で出場停止である。

 第5節では、柏の圧倒的なボールキープ力による多彩な攻めを凌いで、耐えて0-1と惜敗したが、今日は前半立ち上がりから桐光のいい攻めが続いた。

 前半20分、佐藤(建)、野路、松井と繋がったボールを、松井がふわりと浮かしたボールをエリア内に蹴り込んだ。走り込んだ植木は胸トラップの後、落ちたボールをヒールで、スペースに走り込む野路にパスを狙ったが、DFに阻まれた。

 前半30分には、菅本が空いた前のスペースをドリブルで突破した。右足で蹴り込まれたクロスは、ファーサイドに走り込んだ野路のヘディングで、ゴール中央へきれいに折り返されたが、フィニッシュに繋がる前にGKにキャッチされてしまった。

 前半41分、ペナルティーエリア内でゴールを背にしてパスを受けた野路は、ワントラップの後、振り向きざまに左足でボレーシュートを放った。惜しくもDFの体に跳ね返ってしまったが、そのルーズボールに反応したのは、橋本(裕)。足元にボールを収めた後、軽くフェイントを入れ、エンドラインに切れ込み、角度のないところから突き刺さるような左足のシュート。先制点の歓喜が、ピッチにも、観客席にも沸き起こった。

 前半は、このまま終了し、1-0で折り返した。

 後半4分、ピッチ中央でボールを受けた松井は、数的優位な場面で、右サイドの菅本と、前線の野路という2つのオプションを得た。判断よく野路を選択し、グラウンダーのスルーパスを送り込み、GKとの1対1を演出した。たまらず飛びだしたGKを、軽くフェイントでかわした野路は一瞬体勢を崩しかけたが、落ち着いて無人のゴールに蹴り込み、待望の追加点となった。観客席も、この2点目で盛り上がったのは言うまでもない。

 しかし、その1分後柏に、右やや遠目のFKを与えてしまった。このセットプレーをきっちりヘディングシュートで決められてしまった。2点差とした直後のこの1点が、結果的に柏の攻撃のリズムを劇的に変えてしまった。

 後半14分、橋本(裕)に代わり、2年加藤が左サイドに入った。

 後半25分、柏の選手がエリア内で倒され、PKを取られてしまった。これを決められ同点。試合が振り出しに戻ってしまった。

 後半27分には、佐藤(建)に代わり、1年池田が右MFに入り、菅本がボランチのポジションに入った。

 後半32分には、柏のパスワークが冴え、ゴール正面のバイタルエリア内で細かいパスを繋がれ、痛恨の逆転弾を与えてしまった。

 後半42分、池田が右サイドボールを持つと、大田がオーバーラップしていいパスが通った。大田は、クロスを入れ、野路が弾んだボールを叩きつけるようにシュートしたが、柏GKに阻まれた。左からのCKを得るが、同点弾にはならなかった。

 結局、2点のリードを守り切れずの逆転負け、痛恨の敗戦となり2位陥落となった。次節以降残り4試合で、勝ち点2差の柏を追いかけなくてはならない。プリンスリーグ優勝にわずかな望みをつなぎ、一つも負けられない試合が続く。

対戦スケジュール:

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
友だち追加