試合結果

2012年9月 2日 日曜日

2012 プリンスリーグ関東1部リーグ 9月2日(日) 会場:前橋育英高校高崎グラウンド キックオフ:11時00分 試合結果:桐光 3-1 前橋育英



約1ヶ月半中断されていたプリンスリーグ第11節が、雨の中、人工芝のピッチで始まった。今日の相手は、第2節で2-0と桐光が快勝した前橋育英。今日のスターティングメンバーは、FW野路、植木、MFは橋本(裕)、松井、多田、菅本、DFは中島、小松、諸石、大田、GKは長津。植木が初先発、小松が初めてセンターバックに入った。

開始2分、今期のプリンスリーグでは初の右サイドバックに入った大田が、いいオーバーラップを見せた。諸石からスペースへのパスがいい感じで大田につながったが、惜しくもオフサイドの笛。続く3分には、野路からのパスを受けた松井は、正面やや右の遠目の位置から、迷わず早いタイミングでロングシュート。GKの正面であったが、フィニッシュまで行った積極的な攻めは、チームに勢いを与えた。
その後は、お互い決定機が作れないまま時間が流れた。
前半14分、相手に左サイドをドリブルで突破され、至近距離でシュートを打たれたが、長津のナイスセーブに助けられた。その後は、桐光の時間が続き、何度もFKのチャンスがあったが、ゴールネットを揺らすことは出来なかった。前半35分、DFからのボールを植木が頭で競って、野路に落とした。野路は、左サイドの橋本(裕)に丁寧なパス。橋本(裕)は、得意のドリブルで強引に仕掛け、左足でシュート。この時に、たまらず相手がエリア内で橋本(裕)を倒してしまい、主審が大きな笛とともに、ペナルティーマークを差し示した。キッカーは、松井。右サイドにヤマをはって飛んだ相手GKとは反対の、やや左寄りにズバッと決めた。桐光、遂に均衡を破って先制点をもぎ取った。
前半40分、桐光数的優位の中、相手FWに左サイドをドリブルで突破された。そのテクニシャンは、一旦は失ったボールをまた粘って奪い取り、DFを抜き去りまたもエンドライン間際からのシュート。今度は、ボールがゴールに吸い込まれてしまい、同点とされてしまった。
前半41分には、中央やや右後方から、松井の右アウトサイドキックで右サイドを走る野路にいいスルーパスが入った。たまらず飛びだした相手GKを避けるようにして野路が打ったシュートは、惜しくもGKの体に当たってしまった。野路は、そのまま跳ね飛ばされてしまい、GKのイエローカードとなった。エリアのやや右外でのFK。橋本(裕)と松井がキッカーのポジションに入った。主審の笛とともに、走り出した橋本(裕)が、そのまま左足でゴールの左を狙ったが、惜しくも枠をとらえることは出来なかった。前半は、1-1で折り返すこととなった。

後半20分までは、お互いいい攻めを見せるものの決定打を放てなかった。しかし、その2分後、植木から右サイドを走る野路につながって、いいボールが中央に蹴り込まれた。そこに走り込んだのは、松井。難なく2点目を桐光にもたらした。
後半28分には、植木の代わりに佐藤(建)がボランチに入った。
後半29分には、やや右にいた多田から蹴りだされた高く上がったサイドチェンジのボールが、逆サイドにきれいに届いた。橋本(裕)がヘディングでゴール前に入れたボールは、逆サイドにオーバーラップしていた大田が拾い、中央に蹴り込んだ。そこにいたのは、またもや松井。ハットトリックとなる3点目を確実に蹴り込んだ。
後半33分には、菅本の代わりに2年の加藤、続く37分には、橋本(裕)に代わり2年の杉本が入った。
後半42分、中央で佐藤(建)が粘り、スライディングしながらボールを奪うと左サイドの杉本へグラウンダーのパス。杉本は、左側にDFを抜き去り、左足でクロス。逆サイドに待つ加藤がボールを叩きつけるようにシュートを放ったが、惜しくもGK正面だった。

試合は、このまま終わり、3-1の勝利で9勝目を飾った。これで勝ち点27となり、柏レイソルを勝ち点差1で抜き、待望の首位となった。残暑が続く中、観客席は昨日から続く雨で、雨傘や日傘が開いたり閉じたり落ち着かない観戦となった。久々のプリンスリーグを勝利で終えたことに、思わず笑顔がこぼれた。

次節の対戦相手は、地元対決とも言える桐蔭学園。第3節のリベンジをしっかり期待したい。 

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
友だち追加