試合結果

2012年8月 2日 木曜日

2012高校総体 準々決勝 8月2日(木) 会場:松本広域公園多目的競技場 キックオフ:10時00分 試合結果:桐光 0-2 武南


朝の10時とは思えない強い日差しが照りつける中、武南(埼玉2位)との準々決勝が始まった。中1日の休みがあったとはいえ、連戦の疲れが残っているのは両チームとも同じ。スターティングメンバーは、FW野路、植木、MFは有田、松井、多田、橋本(裕)、DFは小松、大田、諸石、菅本、GK長津の11人。2年植木が、試合開始から天然芝のピッチに立った。

前半立ち上がりは、桐光の攻めが続いた。開始早々、野路が粘って右からクロスを上げ、逆サイドの有田が拾い、中央に折り返して松井がシュート。DFに跳ね返されたが、いいリズムで試合に入ることができた。
前半2分には、DFからのボールを植木がヘディングで後ろ向きに流し、有田が走りだした野路にスルーパスを狙った。いい連携であったが、惜しくもオフサイドになった。
前半16分には、左サイドで得たFKを松井がファーサイドに蹴り込み、諸石の頭にぴたりと合わせたが、惜しくも枠をとらえることは出来なかった。

給水後も、桐光の攻めは続いたがフィニッシュの精度が上がってこなかった。一方、武南は徐々に攻撃のリズムをつかんできた。
前半24分、武南のやや遠目の左サイドからゴールを狙うボールを、GK長津がしっかりキャッチした。
前半27分、武南の右サイドからのスローイン。投げ込まれたボールは、スロアーにリターンされ、そのままダイレクトでクロスが蹴り込まれた。中央で待つ武南の主将のヘディングシュートになり、ボールはクロスバーに当たったもののゴールに吸い込まれてしまった。
その後も、武南の右サイドからのクロスが何度も上がり観客席はヒヤッとしたが、最少失点の1点で前半を終え、後半の反撃が期待された。

後半開始早々、右サイドからの松井のFKはやや長くGKに直接キャッチされてしまったが、反撃の狼煙としては十分であった。
後半6分には、野路、植木とつながったボールが最後は右サイドの橋本(裕)に渡り、強烈なシュートが放たれ観客席が沸いたが、GKのパンチングで弾かれ右CKとなった。
後半12分、有田に代わり杉本が右MFに入った。
しかし、後半16分には武南の右CKをまたもや武南の主将にヘディングで決められ、痛恨の2点目を与えてしまった。もう後がないトーナメント。後半20分には野路、23分、24分、25分には杉本のシュート、桐光の怒涛の攻撃が続いたが、ゴールネットを揺らすことは出来なかった。
後半28分には、植木に代わり池田を、後半31分には、菅本に代わり中島を投入し、チームの攻撃に活力を与えた。後半32分には、諸石からのロングフィードを、野路が見事にコントロールして縦に切り込んだ。しかし、右足から放たれた渾身のシュートは、惜しくもクロスバーを越えた。
ロスタイムは3分の表示。左サイドから大田のロングスローに合わせたのは、諸石の頭だったが、惜しくも枠をとらえることは出来なかった。

このまま後半終了の笛が吹かれ、結局0-2の敗戦。インターハイベスト4進出はならなかった。全国てっぺんへの挑戦は、ベスト8の壁を破れず幕を閉じた。

image1image2

 
image1image2

 

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
友だち追加