試合結果

2012年6月24日 日曜日

2012高校総体 神奈川県予選2次予選 決勝 6月24日(日) 会場:綾瀬スポーツセンター キックオフ:14時00分 試合結果:桐光 2-1 三浦学苑



いよいよ、神奈川てっぺん決戦。昨日の準決勝を延長戦で制した感動の余韻を胸に、数多くの桐光サポーターが綾瀬スポーツセンターに集結した。インターハイ出場が決まっているとはいえ、ここでしっかり神奈川1位を勝ち取り、勢いをつけたいところである。メンバーは、FW野路、市森、MFは有田、松井、橋本(裕)、菅本、DFは関根、諸石、大田、小松、GK長津のスタメンである。

風はあるものの曇り空から晴れ間の覗く蒸し暑い中、三浦のキックオフで試合は始まった。

誰も予想しない意外な形で試合は始まった。三浦が開始1分、右CKのチャンスを得た。ピッチ中央に蹴り込まれたボールは、中央でフリーになった三浦の選手の頭にきれいに合った。これで3試合連続先制点を許してしまったことになる。観客席には、これから応援しようという時にあっさりと得点を許し、重い空気が流れた。

今までは先制されても、準々決勝では7分後に、準決勝では3分後に同点弾が飛び出し、相手に試合の主導権を握らせなかった。しかし、今日の試合はいつものようにはいかなかった。攻めのリズムがなかなかつかめず、シュートまで持っていけなかった。

逆に、勢いに乗る三浦は、何度も桐光ゴール前を脅かした。

ようやく前半29分、左サイドを橋本(裕)が強引なドリブルで突破し、グラウンダーのクロスをニアに入れた。野路が走り込んで合わせてシュートを狙ったが、DFに当たりCKを得たが、得点にはならなかった。

前半38分には、菅本に代わり、田中がそのまま右MFに入った。その田中は松井からボールをもらうと、三浦DFに果敢にそして半ば強引にドリブル勝負を仕掛けたが、抜ききれなかった。

ロスタイムにも、野路、市森と渡ったボールが、最後は左サイドの有田に渡り、シュートに繋がったが、ゴールネットは揺れなかった。

そして、ロスタイムの2分も終り、1点ビハインドのまま前半を終えた。

後半開始前、観客席からは選手達が下を向き、足取り重く戻ってきたように見えた。いつものように円陣が組まれたがその時間は長く、ハーフタイムでの修正点の確認と、同点、逆転へ向けて心が一つにされたように見えた。

しかし、後半開始も相手のペースで試合は進んだ。4分までに、2本のCKと攻められた。

後半17分には、有田が下がり、持田が左MFに入った。その直後の左からのCK、松井のボールはファーサイドの小松まで届いた。同点弾かと思われたが、惜しくもクロスバーの上。

後半19分、遂にその時は来た。関根からの前線への高いボールは、市森の頭に繋がり、野路へと渡り、最後にボールを胸で処理したのは松井。左足に持ち替えてゴールまでのコースが見えた瞬間、鋭いシュートが放たれた。今までのチームのうっ憤を一気に晴らし、ようやく試合を振り出しに戻した。

続く後半21分には、左サイドでFKを得た桐光は、松井が再びボールをプレースした。ゴール前中央に蹴られたボールは、相手DFに当たり、ファーサイドに待っていた小松の前に転がり落ちた。小松は、落ち着いて抑えたボールを素早く蹴り込み、遂に逆転に成功した。

後半27分には、市森、田中、野路と繋がったボールを最後にもらったのは持田。左にドリブルして、思いっきりシュートを狙ったが、追加点とはならなかった。

これで、見事神奈川のてっぺんに登りつめた桐光学園。7月28日から始まる2012北信越かがやき総体では、全国のてっぺんを目指す新たな戦いが始まる。

まずは、2年ぶりの栄冠、神奈川1位、おめでとう!

(父母観戦記)
image1image2

 
image1image2

 

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
友だち追加