試合結果

2012年6月23日 土曜日

2012プリンスリーグ 関東1部リーグ 6月23日(土) 会場:麻溝公園競技場 キックオフ:12時00分 試合結果:桐光 3-2 県立川和(延長戦で逆転勝ち)



季節外れの台風一過の後の曇り空、準決勝第1試合は、同じプリンスリーグ仲間の桐蔭が三浦学苑に3-0で負けるという波乱も起こっている。リーグ戦とは違うトーナメントならではの一発勝負。しっかり勝って、まずはインターハイ出場を決め、そして神奈川のてっぺんまで登ってほしいところである。メンバーは、FW野路、市森、MFは有田、松井、多田、橋本(裕)、DFは関根、諸石、大田、小松、GK長津、今大会不動のスタメンである。

開始早々、左サイドに入った橋本(裕)が、得意のドリブルでDFを振り切り、中央の野路に丁寧なパスを送った。野路も丁寧にインサイドでゴール狙ったものの、惜しくもポストを越えていった。しかし、シュートで終わったその攻撃は、桐光にいいリズムをもたらす予感がした。

川和も、前半4分にFKを2本連続で狙うが、シュートまではつながらなかった。両チームとも主導権を握れないまま、前半9分に均衡が崩れた。川和右サイドから上げられたグラウンダーのクロスは桐光DFに当たりコースが変わったものの、川和9番の前に転がり、右隅に蹴りいれられてしまった。またも1点ビハインドで苦しいスタートとなった。準々決勝と同じくCB諸石の呼びかけで円陣を組み、反撃を誓い合った。

前半12分、桐光の左から松井のCKとなった。松井からのボールは、柔らかい弧を描きニアサイドに入ってきた。そこに走り込んできたのは、少し密集から離れていた大田。GKの足元にバウンドさせる技ありのヘディングシュートがファーサイドにきれいに決まった。これで試合を振り出しに戻した。

しかし追いついたのもつかの間、前半31分には中盤でのボール回しを川和10番にカットされ、懸命に戻る桐光DFも振り切られ、再度リードを許す追加点を与えてしまった。

必死に追いつこうとする桐光は、前半終了間際、またも左から松井のCK。今度はニアにいたDFに弾き返されて高く上がったボールを大田がゴールに背を向けたままヘディングしゴールを狙ったが、わずかにクロスバーの上を越え、同点弾にはつながらなかった。結局、1点ビハインドのまま前半を終え、ハーフタイムの笛が吹かれた。

後半は、多田に代わり菅本が右MFの位置に入った。

後半8分、左サイドでボールを受けた有田が、あっさりDFを抜き去り角度のないところからシュートを放ったが、GKにパンチングでかわされた。左からのCKはまたもGKのパンチングでかわされた。次の松井の右からのCKは、中央にふわりと上がったボールで、そこに飛び込んだのはDF小松。見事な同点ヘディングシュートとなった。再び試合を振り出しに戻した。

後半12分、長津が飛びだして無人のゴールに、川和10番の思い切りよく40m以上離れたところから右足でロングシュートが狙われた。ボール一つ左に切れたため、観客席から安堵のため息が漏れた。

後半26分、有田に代わり、田中が投入された。

後半36分には、伝家の宝刀大田の久々のロングスローがピッチ中央まで放り込まれた。DFに弾かれたボールは田中の前に落ち、正面からシュートを蹴り込んだが、GKに弾き返された。そのボールは再び田中の前に戻ってきて、もう一度シュートを狙ったが、逆転弾にはならなかった。

後半37分には、小松の左からのクロスを難しい体制から野路が頭で折り返し、ルーズボールになったところを橋本(裕)が競り勝ち、右足でシュートを狙ったが、GKに弾き返された。

前後半80分を終えて2-2で延長戦に突入となった。

延長前半は、川和のペースで試合が進んだ。9分に市森に代わり、FW植木が投入された。

延長後半1分、大田の渾身のロングスローは左サイドセンターライン近くから、ペナルティーエリア近くまで飛んだ。植木が触り、田中から橋本、関根と後ろに戻されたボールは、再度縦パスとして田中に戻ってきた。右サイドを抜き去り、エンドラインから植木を目指して出されたマイナスのパスはわずかにDFにカットされた。しかし、菅本がそれを拾い、橋本(裕)へパスをした。橋本(裕)の狙い澄ました左足のシュートは、ゴールポスト内側に当たり戻ってきた。ボールがワンバウンドして戻ってきた所にいたのは、田中。身体ごと投げ出すようにヘディングシュートを決め、この試合初のリードを奪った。チーム、観客席とも興奮のるつぼと化した。

延長後半5分には、桐光ゴール前の混戦から川和の選手がペナルティーエリア内で倒されたかのように見えた。しかし、主審の判断はギリギリエリア外でのファール。川和にほぼゴール正面でFKが与えられ、桐光選手はもちろん、観客席までもが緊張に包まれた。そのFKは壁に当たりピンチを防いだ。

延長後半8分には、野路に代わり、佐藤(建)がボランチに入った。試合はこのまま桐光が1点を守り切り、終了のホイッスルが鳴った。

先制点を許し追いつき、再度リードを許したものの、追いついて延長までもつれ込んだ今日の試合。最後まであきらめず見事な逆転勝利で、インターハイへの切符をもぎ取った桐光イレブン。精神的にも強くなった成長の跡がうかがわれる。

明日は、いよいよ三浦学苑との決勝戦。神奈川のてっぺん目指しての戦いに期待したい。

(父母観戦記)
image1image2

 
image1image2

 
image1image2

 


投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
友だち追加