試合結果

2012年5月 3日 木曜日

2012プリンスリーグ 関東1部リーグ 5月3日(木) 会場:しんよこフットボールパーク キックオフ:14時00分 試合結果:桐光 3-2 FC東京

強い雨はおさまったが、ところどころに水の溜まった人工芝でプリンスリーグの第4戦が始まった。共に前節は敗戦で、この試合での連敗はお互い避けたいところである。桐光のスターティングイレブンはFW野路、市森、MFは木場田、松井、多田、橋本(裕)、DFは菅本、諸石、大田、小松、GK長津。前節は、U-17代表の海外遠征で出場出来なかった諸石がピッチに戻ってきた。

開始早々1分、FC東京に左サイドからFKが与えられた。強く蹴られたボールは、濡れた人工芝のピッチを滑るように弾んでいったが、長津の胸にぴたりとキャッチされた。桐光の攻めは、前半4分にCKを2本連続でもらったが、相手DFに跳ね返されシュートまではつながらなかった。一方、FC東京は、6分、9分、10分とゴール前を脅かし、いいシュートを放った。桐光は、いずれも長津の確実なキャッチで、先制点を与えることを許さなかった。

14分には、木場田が右サイドから大きくサイドチェンジし、左サイドの橋本(裕)が全速力で追い付き、合わせて走り込んできた野路に縦へのスルーパスを送るが惜しくもオフサイドの笛。桐光は、中々ゴール前までボールを持ちこむことができなかった。

34分には、相手FWに、中央でドリブルを仕掛けられDF2人が抜かれ、GKと1対1で絶体絶命のピンチになりかけた。あわや失点と思われた瞬間、視角の外からカバーリングで戻って来た大田が相手ボールを奪い大きくクリア。観客席に安堵のため息が漏れた。

その後も、中盤での速い球回しでボールを支配し続けたFC東京が何度もシュートを放ったが、いずれも最後の砦、長津の好セーブで切り抜けた。

41分には、多田に代わり2年有田が左MFの位置に入った。しかし、相手の勢いは止められず、前半の43分にも相手のCKが左から2本続いた。ようやくクリアしたそのボールは、右からのCKに代わってしまった。ロスタイムに入る時間帯、防戦一方でやや疲れが出ていたかもしれない。そんな中、右から蹴られたCKはややファーサイドに飛んだが、判断よく飛び出した長津の胸にぴたりと一旦は収まったかに見えた。しかし、水を吸って滑るボールは無情にも胸からこぼれ、詰めていた相手FWの前にポトリと落ちた。これをチョンと蹴り込まれ、相手の先制点となってしまった。前半残りわずかでの失点は、メンタル的にも大きなダメージとなったかもしれない。

後半も、1分にはCK、3分にもFKと攻められて嫌な流れが続いた。しかし、途中出場の有田がやや疲れが見え始めた先発メンバーを尻目にひとり気を吐いた。果敢にドリブルでサイドを抜いては、クロスを狙った。いい攻撃が出始めたが、ゴール前の混戦でオウンゴールになってしまい、後半9分に追加点を許してしまった。

ややうなだれたかに見える桐光の中で、有田がまたもやドリブルで切れ込み、野路につないでゴールに迫った。DFにクリアされたもののCKを得た桐光は、その有田が左CKを蹴った。ファーサイドに高く上げられたボールは、走り込んだ小松のジャンピングヘッドにぴたりと合って、ゴールに吸い込まれた。桐光はこの試合2本目のシュートで、反撃の狼煙(のろし)をあげた。有田が切り開いた突破口を、小松がこじ開け、桐光イレブン全員の目を覚まさせ試合の流れを大きく変えた。

後半11分、菅本の代わりに、2年関根が右サイドバックに入った。関根も果敢にオーバーラップを試み、波に乗りかけた桐光の攻めにバリエーションを加えた。

後半14分、高い位置から判断よく戻ってきた有田はそのまま相手のパスをカットしてボールを奪った。そこから、迷わず前線の市森の前のスペースにパスを送った。ドリブルで粘った市森は、中央に走り込んだ野路に折り返した。野路が狙ったシュートはDFに跳ね返されるも、1つ内側にポジションを移していた橋本(裕)の前にポトリと落ちた。橋本(裕)は、迷うことなく左足でゴール右上隅にズバッと蹴り込んで2点目を奪い取り、ゲームを振り出しに戻した。プレーヤー、ベンチ、観客席が一つになって盛り上がり、逆転への期待が高まった。

後半25分には、またも有田が起点となり、左サイドからクロスを入れ、逆サイドに走り込んできた市森にぴたりと合って、遂に逆転の3点目。完全にゲームの主導権を握った。

後半29分には、市森に代わり、植木がFWに入った。後半は防戦一方のFC東京であったが、必死に反撃を試みた。FC東京のCKからゴール前の混戦になったが、大田が身体を張ってゴールを守りファールをもらった。この接触プレーで、大田は顔面から流血し、包帯を巻いた応急処置でプレーを続けようとしたが、治療の為一時ピッチを去った。

後半36分には、木場田の代わりに田中がFWに入り、後半40分には大田がドクターストップでピッチを去り、2年中島がセンターバックに入った。

後半41分、途中出場の田中がボールを奪うと、右サイドに走る野路の前に絶妙なパスを送り、ゴール前にタイミング良く走り込んだ。野路は、絶好のパスをグラウンダーで丁寧に返した。田中は、ダメ押しともなるシュートを右足で狙ったが、惜しくも枠をとらえることができなかった。

試合はこのまま終わり、2点ビハインドの劣勢から見事な逆転勝利の桐光が、勝ち点3をもぎ取った。これで、今節を勝ち点9の2位で切り抜けた桐光は、次節5/6(日)は勝ち点1差で追う3位の柏レイソルとの1戦を迎える。

(父母観戦記)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
友だち追加