試合結果

2012年5月19日 土曜日

2012プリンスリーグ 関東1部リーグ 5月19日(土) 会場:しんよこフットボールパーク キックオフ:14時00分 試合結果:桐光 3-0 川崎フロンターレ



昨日の不安定な気候が嘘のような初夏の日差し。第7節は3連勝と好調の川崎フロンターレを、しんよこフットボールパークに迎えてのホームゲームだった。桐光のスターティングイレブンはFW野路、市森、MFは有田、松井、多田、橋本(裕)、 DFは関根、諸石、大田、小松、 GK長津。 前節負傷した木場田の代わりに、2年有田が左MFに入り、橋本(裕)が右MFにまわった。

立ち上がりは、お互い決定機が作れないまま我慢の時間が続いた。前半12分、16分と桐光は前線の市森にいい感じでボールがつながりかけたが、惜しくもオフサイドを取られてしまった。一方、相手も桐光に押されながらもゴール前までしぶとくボールをつなぎ、前半30分までに5本のシュートを放ったが、いずれも長津がしっかりキャッチした。

前半33分にゲームは動いた。 攻め込まれた後、松井が自陣中央の奥深いところから、左MF有田の前に長く正確なボールを蹴り込んだ。有田は得意のドリブルで仕掛け左サイドを抜き去った。角度のないところから左足でファーサイドにグラウンダーを蹴り込んだ。 プリンスリーグ初先発の有田の活躍で、桐光が嬉しい先制点をあげた。 追加点がほしい桐光は、43分には市森、44分には野路がやや遠目から果敢にシュートを狙うも枠をとらえることは出来なかった。

前半は、1-0のまま笛が鳴った。

後半開始3分、一瞬の隙を突かれほぼ中央から相手FWに左足シュートを打たれた。カーブを描いたボールは、辛くもゴールポストに跳ね返された。観客席がヒヤッとした瞬間であった。

後半5分には、有田に代わり菅本が右MFに入り、橋本(裕)は左MFにポジションを移した。

後半9分には、右サイドスローインからのボールを右DFの関根が中央でフリーの松井にボールを入れた。松井は、DFをワンタッチでかわし落ち着いて貴重な追加点を奪った。

続く17分には、市森がやや中央後方でボールをもらうと、大きく開いた右サイドの長いパスを出した。菅本が広いスペースでそのボールを受けるとドリブルでゴール前に迫り、中央に走り込んできた野路にパスを出した。 野路が落ち着いて右足を振り抜き、3点目となった。

後半30分には、野路に代わり田中がFWに入った。その直後、ほぼ中央から相手にシュートを打たれるが、長津の横っ飛びのナイスキャッチでゴールを守った。

後半36分には、多田に代わりFW植木が入り、田中は左MFに、橋本(裕)は1つ中にそれぞれ移動した。 その田中が、自陣左サイドでボールを持つと、スピードに任せてスペースめがけてドリブルした。DFを振り切りゴール前でGKと1対1になったが、惜しくも4点目とはならなかった。

ロスタイムに入る後半45分、松井に代わり、2年の杉本がピッチに入った。

このまま、終了のホイッスルが吹かれ3-0で完勝し、勝ち点3を追加した。

第7節終了時点で、市立船橋と勝ち点15(共に5勝2敗)で並んだが、得失点で6点上回り、前節に引き続き2位をキープした。首位を走る柏レイソルを、勝ち点2差で追う桐光。 次節は7月1日、3位市立船橋とアウェイでの一戦になる。

(父母観戦記)
image1image2

 
image1image2

 

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
友だち追加