試合結果

2012年4月 8日 日曜日

2012プリンスリーグ 関東1部リーグ 4月 8日(日) 会場:ユナイテッドパーク キックオフ:14時00分 試合結果:桐光 3-0 ジェフ

桜も満開を迎えた晴天の中、東京湾からの強風が吹きすさぶユナイテッドパーク、ジェフのホームグラウンドで、プリンスリーグの第1戦は始まった。

今日のスターティングイレブンは、FW野路、市森、MFは木場田、松井、多田、橋本(裕)、DFは菅本、諸石、大田、小松、そして、GK長津。ケガから復帰の多田がピッチに久々に戻ってきた。

開始早々1分もたたないうちに、ゴール正面でファールを取られ相手にFKを与えてしまい、観客席にもどよめきが起こった。ところが、相手もホームとはいえプリンスリーグ初戦で緊張感があるのか、シュートは大きく外れゴールキックで再開となった。強風のため、高く上がった浮き球は押し戻されたり、風に乗ったりして、いつものようにはボールがつながらない中、時間は流れた。13分には、桐光のCKが2本続いたが、決定機にはならなかった。18分、20分にはいい流れになるもオフサイドを取られ、シュートまではいかなかった。

前半28分、自陣で菅本のスローインを受けた松井が、バックパスで菅本に戻しリターンパスを受けると、振り向きざま前線の野路をその視界に捉えた。風にも負けず飛んだ右サイドやや後方からのロングフィードは、敵に囲まれた野路にぴたりと合った。野路は、その抜群のキープ力で、DFを振り切り、GKの足元を抜くグラウンダーを右隅に決めて、先取点。

31分には、今度は市森が魅せた。最終ラインからのロングパスを巧みな駆け引きでDFを軽くかわしながら受け、そのままゴールに向かった。 観客席は大いに沸いたが、惜しくもシュートにはならなかった。

前半は、終始桐光のペースで終了した。

後半の立ち上がりも、相手にCKのチャンスを与えたが、堅い守りで切り抜けた。

逆に8分には、大田の最終ラインからのロングフィードを、野路が得意のポストプレーでキープしながら、パス方向を探した。そして、タイミング良く右サイドを駆け上がる木場田の前にいいパスが出た。角度のないところから木場田の右足シュートがさく裂し、追加点をもぎ取った。その後も、いい感じの攻めのパターンを見せたが、相手の必死のディフェンスにさえぎられた。

26分、焦る相手は、最終ラインでボールを回す桐光にプレスをかけてきた。左サイドバック小松が持ったボール時にタックルされ、右ひざを負傷した。小松は担架でベンチに下がり、2年の中島が代わりに指名された。

40分には木場田に代わり、3年の田中がそのまま右MFのポジションに入り、疲れが見える相手チームにプレッシャーをかけた。

44分には市森の代わりに、2年の植木が投入され、さらなる追加点が期待された。ロスタイムに入って、左サイド植木の前のスペースにいいボールが入った。 植木は、そのままドリブルに入り、落ち着いてグラウンダーでクロスを蹴り込んだ。中央に走り込んだのは点取り屋、野路。丁寧にインサイドで合わせて、3点目。

試合はこのまま終わり、3-0と幸先のいいスタートを切った。

(父母観戦記)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
友だち追加