試合結果

2011年11月12日 土曜日

2011/11/12(土)第90回全国高校サッカー選手権 神奈川県予選会 決勝 桐光 2-1三浦学苑

<小村、松井2人のボランチが、全国を決める得点!>

昨日の雨がうそのように晴れわたり、空気も澄んでいる。試合会場に向かう道中に見えた富士山が、今日の素晴らしい戦いを象徴しているように思えた。トーナメントの宿命を肩に感じながらも、実力を発揮するためにリラックスをすることも大切だ。そんなぎりぎりの戦いが始まる。

スタートは、FW:佐野、高橋(孝)、MF:池田、村田、小村、橋本、DF:三浦、諸石、高橋(将)、大田、GK:山下である。

<前半>

桐光のキックオフで始まる。序盤、互いに素早いプレッシャーをかけながらボールを奪い、素早く前線にロングフィードし、そこを起点に相手陣内でリズムをつかもうという戦い。

前半7分ごろまで、そのような展開が続く。桐光はDF高橋(将)、諸石が中央で、力強いコンタクトや高い打点のヘディングで相手のロングフィードを跳ね返す。

大田は、力強くボールを奪取があったし、いつものように全ての人が驚く抜群のロングスローを何回も繰り出した。池田は、緩から急という特徴を生かした、縦への突破を試みると共に、別の場面では、中に切れ込みドリブルパスを仕掛ける。

10分ごろから、様々な距離のパスが、両チームとも徐々に通り始める。12分中盤で、村田、小村、橋本らのリズムのいいパス交換の後、橋本が縦への突破からセンタリング。これは相手DFにはじかれるも、スローインを得る。そのスローインを受けた佐野が左サイドから思い切りのいいシュートが枠に飛んでいく。相手キーパーの好セーブに阻まれた。

リズムのいいパス交換、橋本のスピードを武器とした縦への突破の試み、佐野の運動量を生かしながらボールへの素早い寄りと思い切りのいいシュート。このようなプレーをどんどんやってくれ。

村田は運動量が多く、攻守両面に良くボールに絡み、チーム全体に抜群の安定感を与えた。このように、リズムをつかみかけたに見えたが、14分、中央右寄りを突破されるが、GK山下が体を張ってストップ。特徴が出た。

前半まで、まだ、硬さが残っていて、決定的場面をつくりだせなかったが、30分ごろから、村田、小村、橋本、佐野、池田、佐野、高橋(孝)の小気味いいパス交換が出てきた。佐野のドリブル突破からシュートの試みもこの時間帯以外でもみられた。

33分、大田のスローインから池田→小村→佐野→小村とボールがわたり、冷静に小村が左にグラウンダーで流し込んで、先制点を奪った。池田はタイミング良く小村にパスを送ったし、小村はダイレクトで正確に佐野にパスを送った。佐野に渡った瞬間、三浦DFは佐野のドリブルやシュートを警戒し、小村から注意をそらした。それを見逃さずに小村はワンツーパスを受けた。さらに、このような状況で小村はシュートを外さない。お互いの特徴を生かしたパス交換からの見事なゴールだった。

だが喜ぶのも、つかの間。34分。三浦学苑のコーナーからGKのパンチしたボールをダイレクトでシュートされ失点。試合は振り出しに戻った。

その後、三浦学苑に2回ゴール前にボールをはこばれるがはじき返した。また、42分に、左サイドからゴール前に低いクロスをおくるが、三浦学苑GKの好守に阻まれて、前半終了となった。

<後半>

小村アウト、松井イン。池田アウト、木場田イン。

後半3分早速試合が動いた。左サイドでの佐野と橋本のパス交換から縦に橋本が抜け、素早いグラウンダーのセンタリング。それを松井が思い切りよく左足を振り抜き、左上隅に豪快なゴールを決めた。松井は、この後も広い視野からのパス展開をすると共に、広範囲に動き守備面でも危険を察知して活躍した。

10分には大田が右サイドをドリブル突破しセンタリング。それがハンドを誘いFKを得る。11分にはCK得るなど、桐光のペースになってくる。14分には木場田にパスが渡り、思い切り良く縦への突破を試みる。相手に阻まれたが、スピードを生かした縦への突破は相手にとっては脅威である。来るとわかっていても脅威である。どんどんやってくれ。その後も、木場田は再三縦へ突破し、多くのCKを得ていた。

16分には、大田のスローインを高橋(孝)が縦にワントラップし素早くシュート。これが、左ポストに当たり、おしくもゴールはならなかった。しかし、この一連の動きの中でのシュートは力強くまた美しい。

17分には、左からのセンタリングがこぼれたところを佐野がワントラップしてシュート、これがゴールの枠内に飛び、ゴール・・・と思ったが、相手DFが必死にクリア。

18分には、左サイドで橋本が2人のDFをかわしながらドリブル突破からシュート。おしくも相手キーパーに阻まれるが、これも橋本の特徴がでたすばらしいプレーだ。

このように、桐光の攻めが続く。

攻められても、後半26には、三浦学苑のパス交換からのサイドにでるパスを、三浦がいつものように的確な読みでパスカットをし、前線にフィードするなど、危険な芽は早めに摘み取っていった。三浦は、読みの良いパスカットばかりでなく、小柄にもかかわらず随所でヘディングで競り勝ったり、繋ぎのパスを冷静に処理したり、前線に絡みセンタリングをしたりと活躍した。

その後も、中長短のパス交換から、木場田が縦に突破し、見事なセンタリング。それを佐野がヘッドと、随所にいいプレーがでた。

33分には、橋本アウト、野路イン。

37分には、三浦アウト、菅本イン。

桐光の相手エリアでの展開が続く。攻められる場面があっても、4-4-2のコンパクトなブロックが崩れず、守備は安定している。ロングボールに対しても高橋(将)の強烈なヘッドで跳ね返す。

終盤、ロスタイムは4分。相手陣内のコーナーで時間をつくりながら展開し、試合終了のホイッスルが鳴る。

おのおのの特徴を出しながら、勝利を得たことは大きいし、全国大会というさらなるステップに進めることは、素晴らしい事である。このチャンスをそれぞれの特徴をさらに磨く機会ととらえて、日々の練習に励みましょう。学校関係の方々を始め、多くの方々が応援に来ていただいたので、感謝しましょう。

今日の富士山は、やはり素晴らしかった。きっと、お正月の富士山も素晴らしいのだろう。


(父母観戦記)
image1image2

 




投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
友だち追加