試合結果

2011年10月 9日 日曜日

2011/10/9(日)プリンスリーグ  桐光2-2成立学園

本日の相手は成立学園、アウェー戦では勝利したが、選手個々のレベルは高く油断は禁物。

スタートは、
FW:佐野、三荷、MF:池田、村田、生部、木場田、
DF:三浦、諸石、高橋(将)、大田、GK:山下

≪前半≫

開始早々、右サイド前線へロングボールを蹴りこまれ、右45度あたりから強烈なシュートを放されるが、山下ナイスセーブ。その後、両チーム攻防が続く中、15分ころまでに何度かシュートチャンスを相手に与えてしまう場面が見られた。

22分: 佐野から三荷へふわりとしたループパス・・・三荷、技ありの胸トラップパスを生部へ・・・生部が冷静にゴールへ流し込み1点先取。

31分: 木場田から小村へ交代

34分: 佐野からのセンタリングを小村が合わせてシュートを放つが惜しくも得点ならず。

42分: 高橋(将)から佐野へパスがわたり、そのままドリブルで持ち込みシュートするがセーブされる。
   

出足は、成立学園に攻め込まれる局面も多々あったが、1点先取してからの桐光学園は、徐々に落ち着きを取り戻し1点リードのまま前半終了。

≪後半≫

後半は、池田、三荷に代わり→橋本(裕)、高橋(孝)が入りスタート。開始早々から、橋本(裕)が左から果敢に攻め込むが、なかなかシュートまで持ち込むことができない。

7分: 相手のカウンターを桐光DFが、ペナルティエリアまで大きくヘッドで跳ね返し、高橋(孝)へつなぎシュートするが、キーパーに阻まれゴールならず。その後しばらく、桐光が攻め込む時間帯が続いていたが、

17分: 相手の中央突破からの強烈なドリブルシュートを三浦が体を張ってクリア。

18分: 相手のCKをペナルティエリア外まで蹴り返すも、再び、ゴール前へ・・・桐光DFがクリアしたボールが宙に浮く・・・最後は相手にシュートを押し込まれ1-1の同点。

20分: 小村から菅本へ交代。

21分: 三浦から佐野へボールが渡り、1対1で仕掛けつつもゴール前にセンタリング、高橋(孝)がヘッドで合わせるも枠外。

23分: 村田から良いタイミングでゴール前へセンタリングが上がったが、相手キーパーがパンチングでセーブ。はじかれたボールを桐光が奪い返し、中央の佐野から左サイド橋本(裕)へパスがつながり、相手キーパーと1対1の勝負。右サイドぎりぎりへシュートを放つが、わずかに右へそれた。両チーム、決定的なチャンスもなく10分近く経過。

33分: 生部から松井へ交代。

34分: 左サイドの橋本(裕)→中央の高橋(将)→右サイドの菅本へ、菅本からセンタリングが上がり、高橋(孝)のジャストミートのヘッドで追加点、2-1でリード。その後、桐光は3~4本のシュートチャンスを得るものの追加点が取れない。

42分: 成立学園が最後の力を降り注ぎ、果敢にゴールを狙い始める。

44分: 桐光の油断をつき、相手にミドルシュートを放たれ、桐光ゴールへ吸い込まれて2-2の同点。

ロスタイムに入り、桐光、最後のCKを得るが得点ならず・・・そのままタイムアップップとなり試合終了。

後味の悪い試合結果となってしまいましたが、選手権2次予選に向け、選手諸君の奮起に期待しています。





(父母観戦記

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
友だち追加