試合結果

2011年10月16日 日曜日

2011/10/16(日)プリンスリーグ  桐光0-1ジェフ

快晴で、この季節にしては汗ばむ天候となった。フィールドを横切る強い風のように、勢いよく戦ってほしい。

スタートは、
FW:橋本、佐野、
MF:池田、村田、生部、小村、
DF:三浦、諸石、高橋(将)、大田、
GK:山下である。

<前半>

14:00 ジェフのキック・オフで試合開始。キックオフから、ジェフがボールをキープし続ける。桐光は、4:4:2にしっかりとブロックをつくり、要所で相手の攻撃を抑える。選手間の距離を保つと共に、相手のボールへの寄せのタイミング等、息のあった守備の時間が続く。決定的な攻撃の糸口は、双方とも見出せない。

ポゼッションは7割方ジェフが占めていたが、5分には佐野が抜け出し、中央の橋本へ送り相手GK手前でシュート。7分には、桐光が数本のパス交換の後、池田の思い切りの良いミドルシュートなどと、効率のよい攻撃が見られた。

我慢の時間が今日は長い。しかし、あっというまに時間が経過する。25分には桐光のパスがつながり佐野が思い切りのいいシュートが枠隅に飛ぶが、キーパーがからくもはじく。27分には大田のロングスローからこぼれたボールを生部がボレーシュートしたがGK正面であった。

その後もジェフのキープが続く。サイドのMFを起点としながら確実に繋いでくる。その中で、MFとDF陣が粘り強く守備をする展開で、相手にも決定打を与えていない。

42分に不用意にパスをカットされ持ち込まれるが、相手のシュートは大きく外れる。たがいに決定打が出ず、1点勝負の様相を呈して、後半に突入する。

<後半>

メンバー交代なしでスタート。早々、左サイドでFKを得るがチャンスをものにできない。その後、数分間前半同様の展開が続く。しかし、6分には小村のすばらしい縦パスが橋本に通り左サイドから見事なセンタリング。中央にいた生部がヘディングするもおしくも外れる。9分にも生部が右サイドでボールを受け、反転しながら相手をかわし低いライナーのシュートを放つが、GKがからくもはじき、コーナーキックを得る。また、13分にも、右からファーサイドにでた素晴らしいセンタリングに右足を伸ばしシュートするも決まらず。

この数分間の攻撃はよかったし、一点欲しかったところである。

14分に池田アウト。高橋孝友がイン。その後、双方ともスペースが生まれ始め、攻守の入れ替わりが多くなってきた。18分には相手CKからシュートされるも大きく外れる。

20分に生部アウト。木場田イン。その後、ジェフの猛攻が始まる。ペナルティエリア前で素早いパス回しがありDFが振られるが、なんとかしのぐ。

25分には中盤でFKを得る。佐野が思い切りよく直接狙うがGKに阻まれる。今度はぶれ球を練習してぶち込んでやろう。その後もジェフのボールキープが続く。ボールを一度は奪うものの、効果的な攻撃が出来ない。

30分に橋本アウト。三荷イン。中盤でのせめぎ合いが続く中、34分パスが相手にわたり中央を突破された。冷静に相手に決められ、失点。このような試合展開では痛い失点である。

38分小村アウト、野路イン。FWを三枚にして、パワープレーと行きたいところだが・・・42分には三浦がオーバーラップから素晴らしいセンタリングがあったが、その後、サイドからのロビングボールが出せず、時間だけがじりじりと経過し、そのままタイムアップ。

後半15分までに、1点決まっていれば違った展開もあったが・・・試合終了の笛は・・・次に向けて、課題をもって取り組もう。





(父母観戦記)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
友だち追加