試合結果

2011年9月 4日 日曜日

2011/9/4(日)プリンスリーグ 桐光2-0桐蔭

大型台風12号が西日本縦断中の不安定な天候下、いよいよ後半戦がスタート。

対戦相手は、この夏のインターハイで全国優勝した桐蔭学園!

不安と期待が入り混じった心境でアウェイ入りしてみると、多くの受験生が色白になっているこの時期に、4部練や遠征試合等をやり遂げ、真っ黒に日焼けした選手達の白い歯が輝いている。悪天候を感じさせない爽やかさだ。

何だか今日はやってくれそうな予感がした。

スタートは、山下、高橋(将)、諸石、大田、三浦、池田、生部、村田、小村、佐野、橋本(裕)といったメンバーでキックオフ!

前半は、ボール支持率五分五分かといった印象。得点も0-0でハーフタイムへ。

後半に向けて調整するとしたらパス精度や意思の疎通にやや欠けてしまった点か?

せっかくつかんだチャンスやアイデアを生かし切ることが出来なかった惜しい場面が数回あった。しかし、選手は一様に落ち着いているといった感じでシュートシーンも4~5回あった。

後半は、小村、池田に代わり野路、高橋(孝)が入ってスタート。

どうなるんだろうとドキドキしながら観戦していると、次第にパス精度が上がってきた50分にチャンスがやってきた。

橋本(裕)が繋がれたボールを左サイドから駆け上がってセンタリングを上げ、野路がヘッドで合わせゴ~ル!

待望の先制点!!

続いて61分には、村田からのパスを佐野と高橋(孝)がワンツーで繋ぎ、佐野がドリブルで一人かわしキーパーと1対1になったところで、相手DFに後ろから倒されPK!このPKを佐野がキッチリ決めて2-0!高3野球部やバスケ部ら数名も駆けつけてくれていた応援席は歓喜の絶頂!うお~~!

このファウルで相手DFは一発レッドカード退場となった。桐蔭は一人減って厳しくなり必死の攻勢となった。桐光も譲らない。

73分頃に生部→佐藤(建)、81分頃に橋本(裕)→菅本、88分頃に三浦→小松に交代。

90分過ぎに相手の打ったシュートがバーに当たるヒヤリとした場面があったもののほぼ安心して観戦出来る時間帯となった。

ピ・ピ・ピィ~!!

ベンチ控えの選手も円陣を組んで歓喜!応援席も黄色い声援で歓喜!

この勢いで最後までひとつになって行こう!





(父母観戦記)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
友だち追加