試合結果

2011年8月27日 土曜日

2011/8/27(土)ルーキーリーグ 桐光4-2清水商業

夏休みも終わりのこの時期の東名高速はさすがに混む。長い渋滞に間に合うかとの不安を胸に静岡県は裾野に到着。今日・明日はルーキーリーグの集中開催ということで、関東の強豪校が一堂に会しての一大イベントである。色とりどりのユニフォームに身をつつんだ選手の中に知り合いの顔も見えて、それはそれで楽しい。

この日の試合でリーグ戦の順位が決まる。そして、明日は入替戦と交流試合が行われる。今日の相手は強豪、清水商業。勝ち点で一点桐光が上回るが負ければ順位が大幅に下がる。そんな緊張感の中桐光のキックオフで試合が始まった。ゲームは一進一退の互角の展開、25分過ぎ、相手のフリーキックがヘッドで落とされ、すかさず強烈なシュートを放つ。守護神長津の指先をかすめ先制点は清水に。そして、不運なPKを与えてしまい二点のビハインドとなった。二点差は重い、今日もダメかとの思いが胸をよぎる。前半終了間際、リクが長いドリブルを仕掛ける。進む走る!ついにペナルティーエリアの中まで侵入する。そしてトップスピードでキーパーと一対一、その瞬間倒されPKとなる。これをカセがビシッと決める。まさに復活の一点となった。1-2に。

1対2は追う方には希望があり、追われる方には不安を抱かせる微妙な点数だ。そのような心理的変化が後半はっきりとあらわれた。後半始まるとセカンドボールがよく拾えるようになりパスも繋がる、相手のクリアーが桐光の選手のところへ吸い込まれる。すると、スギがフワリとボールをゴール前に上げる。すかさず反応したカトゥーが飛び込んでいく。パンチングしようとするキーパーと競り合いになったが何故かヘディングの方が早くボールはゆっくりゴールの中へ、同点ゴールが決まった。勢いづく桐光イレブン、攻撃の手を緩めない。すると、フリーキックをドラがクイックでリスタート、ボールを受けたスギが果敢にドリブルでゴールに向かう。合わせてカトゥーが裏を狙ってスタートを切る。スギが絶妙のタイミングでスルーパスを出す。オフサイドの不安が胸をよぎったが副審のフラッグは上がらず勝ち越しのゴールが決まった。

俄然元気になった桐光は心からサッカーを楽しむかのように躍動する。もう少しで試合終了という時、アリタが鋭いドリブルで左サイドをえぐり強烈なシュートを放つ。ボールはキーパーの股下を抜けポストに当たる、跳ね返ってきたボールをキーパーが押さえ込もうとしたその時、無情にも突き放すようなゴールが決まり勝利を決定付ける。

前回、同じグランドで静岡学園と対戦した時は濃い霧でボールが見えなくなってしまった。ミドルシュートを放たれキーパーは止めようがなく勝ち越し点を献上してしまった。なので、天気が気になっていたが、今日は比較的良い天気で運も味方したのかもしれない。

全体としては4勝3敗2分け、勝点14で5位の成績。この試合負けていれば入替戦だった。結局、清水商業が入替戦となり鹿島学園に勝ったと聞いている。成績表を見てみると、1位と2位の前育と流経に引き分けている。上位5校は実力伯仲なのだ。ルーキーの今後の精進に期待したい。




(父母観戦記)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
友だち追加