試合結果

2011年7月 3日 日曜日

2011/7/3(日)プリンスリーグ 桐光1-2桐蔭

7月3日、約一か月の中断を経て、プリンスリーグ再開。今日の相手は桐蔭学園。高校サッカー界の神奈川ダービー(?)とも言われる桐桐戦です。

毎度僅差の戦いを繰り広げる両勇の一戦は、きっとハラハラドキドキの熱戦となることが予想されます。

それにしても暑い。。。

11:00、桐光キックオフで試合開始。

序盤はお互い相手の出方を見る慎重な戦い方。

桐光が攻め込んでCKを獲得すれば、桐蔭はミドルシュートで応酬。

桐光もミドルシュートを効果的に放つと、桐蔭はDFの裏を狙ったロングフィードで押し戻す。

一進一退、両軍無得点のまま前半終了。

桐光のエリアコントロールにはまって、桐蔭得意のショートパスの連動が機能していない感じ。桐光ペースだ。

そして後半、ゲームは動きます。

開始早々からの前線でのチェイスが効きはじめ、桐光に得点の予感。

7分、自陣でカットしたボールを左サイドで生かし、3人4人と連動した動きの中、高橋(孝)がDFと競りながら逆サイドに流しこみ先制!1-0。

ここから2点、3点と追加点を期待。

ところがここから桐蔭も反撃。

左に張った7番を攻撃の起点としてギアアップ。必死に守る桐光イレブンも、勢いチャージが激しくなり、警告を受けるシーンも。危ないぞ。

18分、相手の突破へのファールチャージの判定で、桐蔭にPK。1-1の同点に。振り出しに戻る。

20分、桐蔭の攻撃を一旦クリアしたものの、イーブンボールを競り合った際に相手を倒したとして、再びPKの判定。1-2と逆転を許す。このプレーで1名の退場者を出し、残り25分を10人で戦う不利な状況に。ここからが根性の見せどころだ!

一人また一人と前線の選手を交代し、フレッシュな選手の献身的なチェイスで、同点、逆転のチャンスをひたむきに狙う桐光。有利な状況ではあるが、無駄な時間稼ぎ等せず、積極果敢に追加点を狙う桐蔭。

ロスタイムには、ミドルシュート、ロングボール等であと一歩まで迫ったが、その後スコアは動かず、1-2の敗戦。

プリンスリーグも3分の1を終え、2勝2敗2分け、9得点9失点と出目も揃って6位につけています。

先は長い。これからの活躍に期待してますよ!





(父母観戦記)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
友だち追加