試合結果

2011年7月17日 日曜日

2011/7/17(日)ルーキーリーグ 桐光7-0帝京第三

連日の猛暑で朝から暑い! 連休の中日ということもあり高速は渋滞、よみうりランドも渋滞、しかも駐車場は満車で入場制限がかかる始末。やっとの思いでグランドに行くと試合はすでに始まっていた。何となく押している様子が感じられた。

聞くところによれば、10分過ぎた頃右サイドからビックチャンスをつくり、続いて左サイドから加藤がえぐってマイナスのセンタリング、走り込んできた今来がジャンピングボレーで先制。

35分頃、右サイドバックの関根が前方のスペースへロングボールを入れる。反応した加瀬がこれを持ち込んでセンタリング、植木がタイミング良く合わせて2点目。

続いて40分、相手ボールを奪うとパスを受けた蔭山が流れるように右サイドの有田へ繋ぐ、有田がドリブルで進むその内側を関根が追い抜きボールを要求、その要求通りに有田がボールを供給、関根は余裕でセンタリング、待ち構えていた加瀬が渾身のヘッド3点目。

後半、負傷している大竹が下がり山下が入る。山下は左サイドバックへ。

後半は相手もがんばり決定的な場面を作り出して来る。中盤での攻防が続き徐々に押し込まれて来る。

25分頃、今来のスルーパスに反応した加瀬がゴール前に迫る。植木も加藤もゴール前へ、何とかして三人でゴールを得ようと懸命の攻撃をしたが失敗。ここで給水タイム。

リスタートはスローインから。植木が繋いで関根がタテ突破、そして狙い澄ましたセンタリング。相手は加瀬に気を取られ背後に侵入した加藤に気付くのが遅れる。その時、加藤のヘッドがボールをとらえ4点目。

さらに桐光は攻める。相手キーパーのゴールキックが桐光キーパーの前まで到達、キーパーがはね返すとボールは相手DFのところまで行く。そこへ走り込んできた植木がボールをさらい、キーパーをかわして無人のゴールへ流し込んで5点目。

ここで大西が加瀬に代わって登場。すると、大西が相手DFのバックパスを奪い取りそのままキーパーと一対一。最初のシュートはブロックされるも返り球を技ありのリフティングからボレーシュート!これで6点目。

終了間際、有田のパスを大西が競り合いながらも思い切って身体を捻りシュート。角度の無いところからではあったが見事に枠をとらえて7点目をものにした。

帝京第三も果敢に攻めて最後にヒヤリとするような場面をつくるがタイムアップ。

久しぶりの大量得点で、来る時の渋滞のイライラを忘れさせる試合となった。




(父母観戦記)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
友だち追加