試合結果

2011年7月16日 土曜日

2011/7/16(日)プリンスリーグ  桐光2-1前橋育英

夏本番、酷暑のなかでの試合。前節までの2試合は内容としては悪くはなかったので、ここで「勝ちの流れ」をつかみたいところだ。

 相手も前節市立船橋に勝利し波に乗っているところだろう。

 この天気のように「熱い熱い戦い」を期待する。

 スタートは、FW:三荷、高橋(孝)、MF:佐野、村田、小村、生部、DF:三浦、諸石、高橋(将)、大田、GK:山下である。

 11:00 前橋育英のキック・オフで試合開始。

<前半>

1分; まずは、佐野の思い切りのいいシュートで入る。その後、佐野から三荷にパスがわたり、シュート。

4分; 生部がシュートし、コーナーを得る。佐野のCKを大田がヘッド。

ここまではリズムをひきよせるために、積極的に仕掛けていっている。

しかし6分、左サイドをくずされ、相手シュートがポストを直撃。ひやりとさせられる。

その後も、桐光のリズムで相手陣内でボールをキープし、チャンスを伺う。

だが、10分、またもカウンターで中央を突破され、相手にフリーでシュートを許す。「やられた!」と思った瞬間、ボールがフィールドに舞い戻った。ポストに当たった。

-今日は「運が味方している」-

11分; 絶好のチャンス、中央からのシュートが右隅に決まる。「ヤッター!!」と叫んだが、主審は片手を上げ、「間接フリーキック」のポーズ。オフサイドの判定である。

12分; 佐野の直接フリーキック。バーの上。今度はばっちり枠を・・。

15分; 佐野が左サイドを抜け出し、シュート。ほんのわずか枠をそれる。

その後、桐光のポゼッションが上回る時間帯が続く。相手のボールになっても、生部、村田、が積極的に走りまわりプレスがきいている。また、大田のロングスローも相変わらず素晴らしい。

トライアングルが形成され、ワンタッチ、ツータッチでパスがつながるようになってきた。

そんな中、22分歓喜が生まれた。左サイドからのグラウンダ-のパスをゴールを背にして受けた高橋(孝)。相手の逆をとって反転し、素早く左足を振り抜くと、ボールはゴールへ吸い込まれた。

一連の動作からの見事な得点である。

ますます、リズム良くなっていき、前橋育英の選手の動きが後手に回り出す。

28分には、コーナーキックから高橋(将)のヘッド。29分には、高橋(孝)が中央から積極的にミドルシュートを放つ。30分以後もリズムのいいショートパスでポゼッションして行く。

40分過ぎ、相手に流れが・・・。ドリブルでペナルティ内に入られるが、前々節の苦い経験を活かし、ノーファールでしのぐ。

前半最大のピンチが46分訪れる。相手のスルーパスがペナルティ直前にだされ、GKの手前でボールに追いついたのは前橋育英。縦に抜けてガラ空きゴールに流し込むだけに見えたが、諸石が間一髪体を張って防ぐ。

ここで得点されていたら流れがかわった可能性があるだけに、このプレーは光る。一点リードで前半を終える。

<後半>

前半のようなプレスとポゼッションで流れを引き寄せたいとところだ。

2分に佐野のパスカットから高橋(孝)へ渡りシュート。3分三荷がファールを誘い、FKを得て、そのFKに高橋(孝)、高橋(将)が詰めるが惜しくもとどかず。

7分には相手に攻め込まれるが、何とかはじき返す。一進一退で前半のペースを戻せない。

しかし、10分ごろには徐々にではあるが、パスのリズムをつかみ始める。

11分; 小村と交代で、橋本(裕)イン。

12分; CKから諸石にボールが渡り、左足のシュート。枠にいくが、相手GKがからくもはじき出す。

その後、ペースをつかみかけたと思いきや、相手に攻め込まれるなど、こう着状態。

20分以後、桐光の足の動きが若干弱まり、相手ペースに・・・。

左サイドを13番がドリブルで持ち込まれ、相手CKになる。その後も相手のボールが続き、嫌な流れになってきた。

24分に、左サイドを突破され相手10番にグラウンダーのシュートを許し、これが同点ゴールになる。

-まだ時間は充分ある。冷静にしかも熱く最後までたたかってほしい。-

27分; 20mの地点から相手に直接FKを与えたが、枠を外れる。

「なかなか攻め込むも決定打が放てない。」と、思いきや、29分。三荷が右から抜け出しほぼ45度の角度から強烈なライナーのシュートを放つ。

クロスバーに当たり、完全にゴール内の地面をたたきゴールに見えたボールがフィールド内に・・・。ゴールのような気もするが、無情にも、審判はゴールを認めず。

-残念。こういうこともあるさ-

31分以後、怒涛のように攻め込まれるが、はじき返す。足が動かなくなってきたかな・・。

しかし・・・・

34分、橋本(裕)が左サイドでルーズボールになんとかがんばって足をめいっぱい伸ばし、高橋(孝)につなぐ。高橋(考)がそのまま、縦に抜けてシュート。

いったん相手GKがはじくも、再度、高橋(孝)がダイレクトシュート。見事に決勝弾が決まった。

その後5分ほどは、プレスも効いて、桐光のペースだったが、40分以後、相手に最後の反撃とばかり攻め込まれる。相手GKは「まだあきらめるな」と叫ぶ。

なんとか、数分にわたる相手の反撃をしのぎ、勝ち点を得た。

節ごとに良くなっているので、それぞれのいいところをもっともっと伸ばし、次の試合に備えて、がんばりましょう。





(父母観戦記)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
友だち追加