試合結果

2011年5月 4日 水曜日

2011/5/4(日)プリンスリーグ 桐光3-2八千代

大型連休の中盤。
良く晴れて、気温も上昇し、水分補給に気を使う天候になった。
桐光学園は水色の新ユニフォーム、八千代はオレンジ色のユニフォームで登場。
両チームとも初勝利が欲しいところであり、気合いが入る。

<前半>
スタートは、GK;山下、DF;梅本、高橋(将)、諸石、三浦、MF;生部、村田、小村、池田、FW;佐野、三荷。

前半10分くらいまで、お互い探り合いで、中盤を行き来する展開。
桐光も相手ゴール前にボールを運べず、こう着状態が続く。
しかし前半19分に、佐野から右サイド梅本に展開。梅本のセンタリングや高橋(将)のクロスボールなどがあり、ゴール前を脅かす機会が出てきた。
続く、20分には小村から縦パスが三荷に通りセンタリング、それを佐野が狙うも、ポストに阻まれる。
この時間に一点欲しかったが残念である。

23分コーナーキックを得るも、そのこぼれ球を逆襲され、八千代攻撃3人、桐光守備2人の数的不利な状況になるも、守り切る。
28分相手にFKを与えるも、GK山下キャッチ。
30分には相手コーナーキックをGKパンチするもこぼれ球を拾われシュート。
外れ事なきを得る。 しかし、31分八千代FWのシュートが右にこぼれそこにいた八千代10番がフリー。
先取点を奪われる。

桐光はいつもよりも一歩の出だしが遅く、まだ「目覚めていない」ような状態。効果的な攻撃が出来ない時間が続く。
39分、高橋(将)から小村に縦パスが通りセンタリング、それを三荷シュートするも防がれる。
40分に相手にコーナーキックを与える。
センタリングを八千代のヘディングしたボールがゴール前へ、そこにフリーの八千代選手が2人。
押し込まれ、追加点を与える。

43分には村田がミドルシュートを試みるが、枠をとらえることができない。
そのまま、重たい空気の中前半終了。
2点差は「魔の2点差」といって、決して試合を決定づける得点差ではない。
後半に期待。


<後半>
佐野に交代し橋本(裕)が入る。
後半7分、三荷のシュートがこぼれ、生部がボレーシュート、コーナーキックを得るも、チャンスをいかせない。
しかし、橋本が入り前に進むリズムが出てきている。

10分左サイドでFKを得て、キッカーは生部。弧を描いてキーパーに向かうようなボールが右サイドゴール前へ・・・。
高橋(将)強烈なヘッド、 ゴーーーール!!すばらしいキックとヘディング。
待望の一点を得て、同点に向けてのろしを上げる。
18分、20分にもFKを得るなどいつものリズムを取り戻しつつある。

21分に生部に代えて高橋(孝)イン。
日頃、地道にトレーニングに励み、大きく飛躍しそうな高橋(孝)に期待が膨らむ。
22分にコーナーキックを得る、24分には小村の縦パスから三荷が抜け出すなどチャンスが生まれ、いいリズムが継続している。
25分コーナーキックを得て、高橋(将)のヘッドがこぼれ池田がすかさず押し込み、同点。
「よっしゃー」と気合いの掛け声も登場・・・盛り上がってきた・・。
28分には橋本(裕)が素晴らしいシュートをするも、相手GKのナイスセーブに阻まれる。
29分GKからのロングボールに三荷が抜け出しシュートするもわずかバーの上。
35分またGKからのロングボールに高橋(孝)が抜け出てペナルティーエリア右に突進。
相手が、たまらず後ろからプッシュ。
PKを得る。
頼むぞ「孝友」。
冷静に左下に決めて、逆転ゴール。
「何ができるか~」掛け声が素晴らしい。
気合い十分。
イケショー。

39分八千代あせりと苛立ちを隠せず一人退場。
その後も、高橋(孝)の粘りでコーナーを得るなど、随所に、体を張った粘り強い、いいプレーが出る。
40分には三浦のセンタリングから高橋(将)がヘッド。
42分には池田がセンタリング、高橋(孝)がヘディングシュート、わずかに左に・・。
43分三荷に代えて、野路が入る。
45分八千代のコーナーキックが連続したが、クリア。
47分村田に代えて、佐藤(建)が入る。
約4分のアディショナルタイムの末、試合終了の笛。

次につながる勝ち点3を得ることができたことは大きい。
次に向けて取り組んでほしい。



(父母観戦記)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
友だち追加