試合結果

2010年6月20日 日曜日

2010/6/20(日) 高校総体神奈川県予選 準々決勝 桐光6-1逗葉

天候は晴れ。
日射しもあり、スタンドでは、気温も高かった上、蒸し暑さを強く感じた。
ピッチ上はかなり高い気温・湿度と思われる。

今日の相手は逗葉高校。
昨日の試合のスカウティングから手強そうとの情報が伝わっていた。
選手入場。
桐光は昨日の藤沢清流戦のスタメンと同じメンバー。
今日もスタメン背番号が1番から11番まで揃っている。
これは、チームとしていい準備ができているひとつの証ではないだろうか。

開始3分。
お互い探り合いの中、相手11番が逗葉左サイドでしつこくボールキープし、最後はゴールライン際から鋭いシュートを放ち、1点目先制される。
しかしながら前半6分、中盤真ん中辺りから縦パス一本が、菅原に渡り、上手く抜け出し同点シュート。
これで1-1。
早々と追いつく。
両校得点したことで、お互いの攻守が活性化された。
32分、桐光左サイドを坂本が粘り強く持ち込み、パスを受けた岩波がシュート。
これがコース良く決まり、2点目。
2-1。
このあたりから、徐々に相手の運動量が落ちてくる。
前半終了。
試合開始早々先制されたが、いい時間帯に逆転まで持っていけたのはよかった。
ピッチから控え室への移動時、相手はうつむき加減で相当バテテいる感じ。
一方、桐光イレブンは、ピッチ上でまず全員が集まり、まとまって駆け足で控え室に戻っていった。
これは、後半に期待できそうである。

後半11分、中盤やや右サイド付近から高溝がフリーで強烈シュート。
3-1。
同15分、スローインからボールが回り、最後は高溝が持ち込み、シュート。
高溝、本日2点目。
スコアは4-1。
同20分、ボールキープした菅能が左サイドから、相手キーパーの位置を確認しながらその頭越しにループ気味シュート。
これがゴール右サイドネットに見事ゴール。
これで5-1。
同28分、菅原が鋭いドリブルでペナルティエリア内にボールを持ち込むと、相手ディフェンダーがたまらずファウルを犯す。
菅原のPKが難なく決まり、これで6-1。
同33分過ぎ、市森、三荷、関島、小村が相次いで交代出場。
このフレッシュな交代選手がタイムアップまで積極的なプレーを見せてくれた。
試合終了。

後半4-0のスコアは欲を言えば、もう1、2点入っていてもおかしくない展開内容であっただけに多少不満は残るが、トーナメント結果としては何よりである。
特に警告ゼロ、けが人もなく終えたのはよかった。
沖縄までもう一試合。

(父母観戦記)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
友だち追加