試合結果

2010年4月25日 日曜日

2010/4/25(日)プリンスリーグ 第三節 桐光0-3浦和レッズユース

快晴の埼玉スタジアム。
天然芝も映えるサッカー日和。

開始5分に攻め込まれ、一旦は凌ぐが、ゴール前中央から流れたボールを綺麗にシュートされ、キーパー反応するもボールは無情にもゴールへ。
その後も上手くつなぐ浦和が再三の好機をつかみ、一対一の場面もあったが、GKの好セーブで追加点は許さない。
対する桐光学園は、プリンス初得点を目指して早めのチェックから反撃の場面を作るも、浦和の堅守に阻まれなかなか自分達のリズムが作れない。
前半20分、サイド平野からチャンスをつくりシュート!
しかし、これも キーパーに阻まれる。
裏を狙ったパスも上手くさばかれ攻撃の糸口を見出せない。
浦和の攻撃も序盤以降は無難に跳ね返し、追加点を許さない。
終盤岩浪がサイドからセンターリングをあげるも流れてノーゴール。
前半終了間際、たて続けに相手にコーナーキックを与えるが、それも固く守って前半1- 0 で終了。

サイドが変わった後半開始早々、相手フォワードに切り込まれ思わずペナルティエリア内でファール。
PKを決められ失点。
点を取りにいくしかない!
後半15分過ぎ、関島投入。
福森を前にあげて攻撃体制に。
その直後からフリーキックのチャンスを掴むも得点につなげられず。
前がかりで右サイド館坂が絡み始め、攻撃の場面が増えるが、決定機まで持っていけない。
勢いにのって攻め、浦和も反則で止める場面も多くなる。
終盤、ケガから復帰の坂本を投入し一点を目指す。その後も高橋の投入や館坂のロングスローなどで攻め立てるがゴールは割れず。
コーナーキックからもう少しで押し込めるという場面もあったが、浦和のゴール前の必死の守りに阻まれる。
福森のフリーキックも僅かに枠をそれ、逆にコーナーキックからカウンター。
ドリブルで持ち込まれ、最後はGKとの一対一も振り切られ失点。
そのまま試合終了の0-3の敗戦となった。

我慢が続くがこういう時もある。
シーズンは始まったばかり。
慌てず焦らずに一つ一つを大切 に、気持ちを一つに頑張って欲しい。

(父母観戦記)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
友だち追加