試合結果

2009年9月 6日 日曜日

2009/9/6(日)高円宮杯全日本ユース(U-18) 1次ラウンド  桐光0-2ジュビロ磐田ユース

桐光学園サッカー部は、高校/クラブの精鋭24チームが実力日本一を競う高円宮杯(U-18)に2年連続して出場できることになりました。
サッカー部の歴史にも残る快挙にスタッフ、サポーターともども大変喜んでいます。
選手には結果を恐れず思い切ってプレーをして欲しいと思います。
組合せの結果桐光はCグループに入りジュビロ磐田、セレッソ大阪、愛媛FCと、J下部ユースチームと同組となり中でもセレッソ大阪は今年のクラブ選手権に優勝し本大会でも優勝候補に挙げられている強豪です。
桐光がこの相手にどういう試合が出来るか不安ではありますが、楽しみでもあります。
予選3試合の会場となる「ひたちなか市総合運動公園」は、東京からは少し遠いですが屋根/ナイター設備のある立派な施設です。
海岸のそばにあるため風が試合に影響しそうです。

前半は桐光が風上でしたがジュビロ磐田の速い出足にボールを支配され桐光陣内で戦うことが多くなりました。 ジュビロ磐田はDF間でボールを回し、そこから両サイドにボールを送り攻め込むという戦術でしたが桐光のDFのマークがしっかりしていたので決定的なチャンスを与えることはありませんでした。
逆に桐光も何度か相手DFの裏にボールを送るのですが、ことごとくオフサイドに掛かりチャンスを広げることは出来ませんでした。
前半は 0-0で終えました。

後半ジュビロ磐田は一転してドリブルで仕掛けてきました。この変化に桐光DFが戸惑い開始早々中央を突破されゴールを割られました。
その後もジュビロ磐田の攻勢は続きましたが、GKの峯の好セーブもあり何とか追加点は防いでいました。
桐光も時折FWの田口→舘坂でジュビロ磐田のゴール前まで攻め入りましたが得点には至らず、逆に後半35分1点目と同じような形で失点し0-2で第1戦を落としました。

今日の試合では桐光はいいところがなく全国レベルの相手の力を思い知らされる結果となりました。

(父母観戦記)
image1image2

 
image1image2

 
image1image2

image1image2

  

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
友だち追加