試合結果

2009年9月13日 日曜日

2009/9/13(日)高円宮杯全日本ユース(U-18) 1次ラウンド 桐光1-0セレッソ大阪U-18

セレッソ大阪は見るからに屈強そうなDF陣でこのDFを破るのは大変という印象でした。
さらに開始10分にFW坂本が相手DFと接触し退場せざるを得なくなりました。
坂本の脱臼は古傷のようで心配ですが、試合は暗い雰囲気を払うかのように強豪相手に互角の戦いをしました。
フィジカルで劣る桐光はスピードと運動量で対抗し、相手に大きなチャンスを与えることなく前半を終えました。

後半も同様の展開で一進一退の攻防が続きましたが、相手MF/DFが前掛かりになった後半18分、センターサークル付近から菅原が右サイドの田口にパスを送りこれを田口が決めて 先制点を挙げました。
強豪相手の先制点にベンチもスタンドも大いに沸きました。
そのあとの試合終了までの時間がとても長く感じられましたが、この1点を守りきって優勝候補から勝ち点3を取ることができました。

セレッソ大阪のDFは強力でしたが、桐光はFWからDFまでが最後まで休むことなく相手を追い続けたことが勝利の大きな要因だったと思います。
この試合は今年の桐光のベストマッチのひとつだと思います。


(父母観戦記)
image1image2

 
image1image2

 
image1image2

image1

 


投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
友だち追加