試合結果

2009年7月12日 日曜日

2009/7/12(日)プリンスリーグ 第十一節  桐光2-1三菱養和サッカークラブユース

いよいよリーグ戦も最終節となりました。
桐光は現在5位、最終戦で引き分け以上ならば自力で高円宮杯の出場権を得る7位以内が確定します。
今日の相手、現在2位の三菱養和SCにとっても関東での優勝が手の届く所にあるので厳しい戦いになると思います。

試合開始早々、左サイドでフリーとなった菅能からのクロスをゴール前の坂本が折り返しこれを高溝が決めて幸先のいい得点を上げました。
三菱養和は細かなパスを繋ぐのではなく、DFから大きなFW(9番)にロングボールを上げ、両サイドを走らせるという戦法でしたが桐光DFのマークがしっかりしていたのでフリーでシュートを打たれることはありませんでした。
桐光も空いた相手両サイドの裏に何度かパスが通るなどチャンスもありましたが、前半はほぼ互角で1-0で終えました。

後半に入ると三菱養和の猛攻が始まりました。
開始早々ショートコーナーからフリーで打たれたシュートはバーに助けられ、その後も何度かゴール前まで迫られましたがDF陣が踏ん張り失点は許しませんでした。
中盤過ぎから桐光も徐々に盛り返し、後半33分カウンターから舘坂が相手DFをかわしてシュートを決め2-0としました。
数少ないチャンスをものにし、これで大丈夫かと思った直後にゴール前の混戦から相手に決められ2-1とされてしまいました。
その後も三菱養和の攻撃が続き残り10分がとても長く感じられましたが、何とか凌ぎきり2-1で勝利しました。

これで高円宮杯に2年連続で出場できることになりました。
高校生チームがなかなか出場できる大会ではないのでインターハイの予選敗退で悔しい思いもしましたが、今はこの快挙を素直に喜びたいと思います。


(父母観戦記)
image1image2

 
image1image2

 
image1image2

  

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
友だち追加