試合結果

2009年5月17日 日曜日

2009/5/17 プリンスリーグ 第八節 桐光1-0矢板中央

リーグ戦もいよいよ終盤、残り4戦となりました。 ここまで3勝3敗1分と強豪相手にまずまずの成績ですが今年は上位、下位の数チームを除いてほぼ横一線の状態です。 残り試合で大きく順位が変わりますので、これからの試合が大切になります。

今日の相手はDF、MFから大型FWにロングボールを合わせる作戦のようでした。 序盤はその作戦に合わせてしまい、お互いが蹴り合う展開となりましたが中盤過ぎから徐々に桐光のパスが通り、 またボールキープも出来るようになり優位に試合を進めることができました。 ただ相手選手は大きくて強い選手が多かったため、なかなか決定的なチャンスもなく前半を終えました。

後半も相手は戦い方を変えずロングボールをFWに合わせた、危ない場面が何度かありました。 中盤過ぎから徐々に桐光の選手が相手ゴール前に迫るようになり、 後半24分MFから出たボールに舘坂が相手DFと競り合ってペナルティエリア内で倒されPKを得ました。 出だしは同じでも、舘坂の走力が勝りわずかに体が前に出たところを倒されたのでPKは仕方なかったと思いますが、 相手DFにレッドカードが出たのは気の毒でした。このPKはキーパーに止められ得点にはなりませんでしたが、 その後も相手DFを振り切った惜しいシュートが何度かありました。
そして後半41分センターライン付近からの高溝のロングボールをゴール前で岩浪が持ち込み、 待望の先制点をあげました。この1点が決勝点となり勝ち点3を得ることができました。

全体的に試合は優位に進められましたが、このような試合を勝ち切ることは難しいと改めて感じる試合でした。 今日戦った矢板中央高校のような戦い方は、大きなFWがいる場合よく見られます。FWを走らせる分、 MF/DFが上がらないことが多いためなかなか得点するのは難しいです。 インターハイの予選ではきっとこういうチームと戦うことがあると思いますので参考になったと思います。

(父母観戦記)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
友だち追加