試合結果

2008年6月22日 日曜日

2008/6/22(日)高校総体 神奈川県予選 桐光4-2淵野辺高校

インターハイ出場は決めたものの、神奈川No1の座を賭けた意地の戦い。 相手はパスサッカーで準決勝の座間戦に完勝し意気上がる淵野辺。 当日は試合開始とともに雨が降り出し、次第に激しくなってくる悪コンディション。 前半はお互いが相手の出方を探り合う慎重な展開になっていたが、徐々に桐光の選手のスピードが相手を凌ぎだす。 すると前半終了間際、瀬沼の飛び出しに相手DFがたまらず後ろから押し倒すファウル。 このファウルで得たPKを寺内が確実に決め先制点。 後半に入ると更に実力の差が現れはじめる。 中盤とサイドを豪雨の中でもひたむきにパスアンドゴーを繰り返す桐光の選手の動きに淵野辺の選手が着いて来られなくなる。 すると右サイドを友澤とのパス交換から抜け出た佐竹のセンタリングを寺田が落ち着いて決め2-0、相手にCKから1点を返されるが、その後は同じく右サイドからの友澤のクロス等で佐竹が連続ゴールし4-1、終了間際にCKから1点返されるが、CK以外はシュートらしいシュートも無い完勝で2年連続高校総体県予選優勝の栄冠を勝ち取った。

(記:3年父)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
友だち追加