試合結果

2008年6月21日 土曜日

2008/6/21 高校総体 神奈川県予選 桐光2-2日大高校(PK:4-2)

いよいよインターハイ出場を掛けての大一番。  相手はプリンスリーグ2部に参戦中の日大高校。 立ち上りから、大一番の硬さからか、思わぬ連携ミスにより相手に1点を献上してしまう。  相手の押せ押せムードに桐光がいつものサッカーが出来ない時間帯が続く。  しかし自力に勝る桐光はエース瀬沼に合わせる攻撃で徐々に劣勢を挽回。  すると前半の残り10分を切った所で、左サイドの岸本伸のクロスに瀬沼が頭で合わせ同点に追いつく。  後半になると一方的な桐光ペースだが、得点が生まれない。 しかしまたも残り10分の時間帯で寺内がドリブルで切り込みゴールを決める。 攻め手の無い日大にこれで勝負有りかと思いきや、得点後すぐの時間帯に相手後半唯一の中へのクロスを 頭に併せられて同点に追いつかれてしまう。  その後DF稲川が退場になるアクシデントもあったが、延長に入っても運動量が落ちない桐光。  一方の日大は何人も足が痙攣しており、日頃の鍛錬の差が現れ始める。  そしてその差がPK戦の行方を決めた。  疲れが蓄積していた日大の選手が2本外したが桐光の選手はキッカー全員が 成功し2年連続でインターハイ出場のチケットを手に入れた。

(記:3年父)

投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会 | コメント(0) | トラックバック(0)

コメントする

名前:

メールアドレス:

コメント:

トラックバックURL

カレンダー

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
友だち追加