一般トピックス

2000年3月21日 火曜日

イタリア遠征 Ⅵ

3月21日 午前中は2グループに分かれ、昨日試合に出たグループは軽く調整、その他は練習。
11時半昼食、12時半バスでホテルを出発。ASローマの練習グランドのあるトリゴリへ向かいました。1時40分、現地到着。2時に開門の予定のため、門の前で約20分待機。バスで中へ入り、クラブハウス内の更衣室へ。6年前佐原の代で着た時と同じ部屋でグランドもその時と全く同じグランドを使用します。敷地内には6面もグランドがあり、その他宿泊施設や管理棟があり、広大な敷地内には起伏にとんだクロスカントリーのコースまであります。定刻どおり3時クックオフ。相手はローマのユース。40分ハーフで行いました。

FW 舩山 志田
MF 中島 今井 江川 本田
DF 鈴木 福田 阪井 久光
GK 土田

 さて、試合ですが、立ち上がりはローマの早いチェックに戸惑いながらも次第に慣れてくると、自分たちのリズムも取り戻し、前半15分、江川の上げたコーナーキックを舩山がヘディングで合わせて先制。後半20分カウンターで1点返されましたが、その後25分、舩山のシュートで逆転、35分には前に出たGKの頭を越す江川のループシュートで3点目を取り3-1で勝ちました。さすがにローマの選手は寄せも早く、早いボール回しを要求され、いい経験になりました。
この日は、ルチアーノの友人でもあるローマのGM、ブルーノ・コンティやトップのコーチ陣もベンチで観戦。ローマの選手も気合が入っていました。コンティは82年のワールドカップにもアズーリの一人として出場した国民的選手ですが気さくな人で、以前佐原たちの代で訪れたときのことも覚えていてくれ、今回も試合が終わると「コンプリメンテ」と言ってくれました。
 ローマに3-1で勝ったことはいい意味で自信になったことと思います。イタリアに来てからルチアーノの指導で修正した部分が形になって出たゲームでした。とくにラインのコントロールやボールを取ってからの展開など。その意味でルチアーノ自身も喜んでくれました。まだまだ修正すべきところもあり、残された日数で、できるだけ多くのことを取り込んで帰国したいと思います。の他宿泊施設や管理棟地内には起伏にとんだクロスカントリーのコースまであります。定刻どおり3時キックオフ。相手はローマのユース。40分ハーフで行いました。







投稿者 桐光学園高等学校サッカー部後援会

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

月別アーカイブ

友だち追加